Twitterの投げ銭機能「TipJar」は危険?【PayPal使用で送金すると名前や住所が相手にバレる理由】

スポンサードリンク



2021年5月7日にTwitterの新しい投げ銭機能「Tip Jar」が発表され、ネット会では話題となっています。

しかし、Tip Jarは外部アプリを通してクリエイターやNPO団体に投げ銭ができるような機能ですが、PayPalを使用して投げ銭をした場合に、住所や本名がバレてしまうということが起こるようです。

ここでは、Twitterにおける投げ銭機能「Tip Jar」にて、PayPalを使用して投げ銭をした場合住所や本名などの個人情報がバレてしまうのか?ということについてまとめています。

スポンサードリンク



Twitterの投げ銭機能「Tip Jar」とは

スクリーンショット 2021 05 09 17.18.20 - Twitterの投げ銭機能「TipJar」は危険?【PayPal使用で送金すると名前や住所が相手にバレる理由】

「Tip Jar」は、俗に言う「投げ銭機能」であり、2021年5月7日に発表された新しい機能です。

チップを渡すようにTwitter上でお互いをサポートし合える仕組みになっており、外部アプリを通して送金ができます。

本日、「Tip Jar」の機能をご紹介します。Tip Jarは、英語圏の人々がチップを渡したり受け取ったりするための新しい方法です。自分のツイートが話題になったときにPayPalアカウントへのリンクを共有したり、プロジェクトに対する支援が必要なときにプロフィールに例えば$Cashtagを追加したり、自分の誕生日やちょっとしたサポート、お祝いが必要なときにVenmoのハンドルネームを併記したりできるようになりました。私たちは、Twitterでの会話を通して、フォロー、リツイート、いいね以外の方法で、皆さんがお互いにサポートし合える仕組みを提供したいと考えています。

引用元:Twitter Japan公式

そんな投げ銭機能なのですが、現在は以下の条件で使用可能のようです。(2021年5月7日現在)

  • 英語設定のiPhone・Androidの最新アプリのみ
  • 投げ銭を受け取ることができるアカウントは一部のクリエイター、ジャーナリスト、専門家、非営利団体に限られている
  • 投げ銭の対応決済サービスはBandcamp、Cash App、Patreon、PayPal、Venmoの5つ

このように、英語設定の最新アプリでかつ、一部のクリエイターや専門家や、非営利団体と制約は厳しい上に、5つ以上の決済サービスが使えるのですが、日本語サービスを提供しているのは「PayPal」のみとなり、さらに厳しい成約が設けられています。

そして、今回問題となっているのはPayPalを使用した際に個人情報が流出してしまうというトラブルが起こっているようです。

現時点では安全な個人情報の使用を考えるならば、PayPalを使っての送金は注意が必要なのですが、以下で詳しくまとめています。

Twitterの投げ銭機能はPayPal使用で本名・住所がバレる可能性

Twitterの投げ銭機能にPayPalを使用すると、本名や住所が送金先にバレてしまうことが起こるようです

Rachel Tobacさんという米セキュリティ会社のCEOが、PayPalで送金してみたところ相手に自分の住所が知られてしまったと自身のツイッターアカウントにて投稿しています。

日本語訳

PayPalのTwitter Tip Jarについてのお知らせです。PayPalを使って相手にチップを送ると、受け取った人がチップを送ったレシートを開いた時に、「住所」が表示されます。
@yashar宛にPayPalを通じてチップを渡して確認し確認してみたところ、実際にチップを渡した私の住所を受け取っていました。

さらに、Rachel Tobacさんは、このことはTwitter社のせいではなくPayPal側の問題だとしています。しかし同時にTwitter側にも責任があると言っています。

日本語訳

はい、これはPayPalの問題です(TwitterからのPayPal支払いによるアドレスのリークもあります)
TwitterはPayPalをチップ機能に統合したため、多くのTwitterユーザーが気付いていないため、 Twitter Tip Jar を使用したPayPalの使用がプライバシーにどのように影響するかをユーザーに通知するのはTwitterの責任です。

そもそも、PayPalは元々ネットを使った通信販売の決済サービスとして普及したため、購入したものを配送してもらうために住所や電話番号などを知らせる必要があったとして、相手側に個人情報を知らせる機能があることが述べられています。

PayPalは仕様上、金銭をやりとりする際にアカウントに紐付けられた個人情報を伝えることになっているようです。

もともとPayPalは、ネットを使った通信販売の決済サービスとして普及してきました。ゆえに購入したものを配送してもらうために、住所や電話番号を伝える必要がありました。

しかしオンライン上の投げ銭決済用として使うのであれば、個人情報の通達は不要です。個人情報を伝えたくないと考える人のほうが多い時代、特に日本では匿名でやりとりしたいと考える人も多いでしょう。

引用元:Yahoo!ニュース

ですので、Twitterでの投げ銭機能にもそのような仕様が残ってしまった可能性があります。しかし、Twitterでの投げ銭機能に個人情報を渡すという機能は本来不要であり、ほとんどの人にとっては見知らぬ人に自分の個人情報が渡るのはなるべく避けたいところでしょう。

ただ、このTwitterの投げ銭機能は登場したばかりなので、使用が広がるに応じて改善されていくと思われますので、個人情報の保護に関する改善も行われていくのではないかと思われます。

この改善はTwitterやPayPal側の改善アップデートが必要なので、日本語ユーザーは今はまだ投げ銭機能を使わないほうが良さそうだ。

…といっても銭投げられる人は限られているので、日本での普及は当分先になりそうだけど。

原状は利用を控えたほうが良さそう

Twitterの投げ銭機能「Tip Jar」に関して、ネット上の日本のユーザーでは利用に対しては慎重にしようという声が多かったです。

実際に送れる相手も限られているので、そこまで需要はなさそうですが、個人情報が相手に伝わってしまうというリスクが有るのが原状なので、You Tubeなどのスパチャ感覚で送るのは控えたほうが良さそうだ。