【炎上】月曜日のたわわの広告にツイフェミが性的消費と絡んでいる件【ロシア・園子温等の性的暴行はスルー】

アニメ・漫画ツイフェミ,月曜日のたわわ

スポンサードリンク



ツイフェミの発狂、再び。

漫画家の比村奇石によってTwitter上に毎週月曜日にアップロードされるイラスト群で、2016年・2021年にWebアニメ化もされている巨乳の女子高生・「アイちゃん」が主人公の『月曜日のたわわ』。

その月曜日のたわわなのだが、4月4日に日本経済新聞で全面広告を出したのだがその巨乳の女子高生が主人公という故に案の定Twitter界隈の暇人・ツイフェミに絡まれたことが話題だ。

ここでは、月曜日のたわわの全面広告にツイフェミが絡んだことについてまとめていく。

スポンサードリンク


【月曜日のたわわ】全面広告にツイフェミが絡んで炎上

【炎上】月曜日のたわわの広告にツイフェミが性的消費と絡んでいる件【ロシア・園子温等の性的暴行はスルー】

漫画家の比村奇石によってTwitter上に毎週月曜日にアップロードされるイラスト群で、2016年・2021年にWebアニメ化もされている巨乳の女子高生・「アイちゃん」が主人公の『月曜日のたわわ』。

4月4日にヤングマガジン編集部は「4月4日は今年の新入社員が最初に迎える月曜日です。不安を吹き飛ばし、元気になってもらうために全面広告を出しました」として、日本経済新聞に全面広告を掲載。

同日に単行本4巻が発売されるということもあり、4月4日は今年の新入社員が最初に迎える月曜日と重なるためタイミング的にピッタリなので広告を出しとのことだが、この月曜日のたわわの広告に対して噛み付いたのが、いつものツイフェミだ。

月曜日のたわわの広告に噛み付くツイフェミ

とまぁこんな感じで、JKを全面に出した広告に「性的搾取」「気持ち悪い」などと散々たる言い様。

だがしかし、もう広告として出してしまったため今更撤回もできずに、広告を掲載した日本経済新聞も現在こういったツイフェミのコメントに対してはスルーを決めている。

ツイフェミはもっと他に噛み付くものがあるのでは?という声

今回、このような全面広告に噛み付いたツイフェミだが、もっと他に噛み付くものがあるでは?とう声がバズっている。

こんな絵一枚に対して性的消費とか意味不明なこと言うよりも、実際に性被害に及んだとされる園子温監督や梅川治男氏などには全くもってだんまりを決め込んでいることから、相変わらずツイフェミは自分たちが勝てそうなものしか噛みつかないということがよく分かる。

後はロシアのウクライナ侵攻により、複数のロシア兵がウクライナの一般市民に対して性的暴行した上に○害するという事件が相次いでいることについては、なぜかスルー。