【七星のスバル】アニメ公式サイトが改ざん・乗っ取り被害にあった件【ロシアのサイバー攻撃・ハッキングの可能性は】

アニメ・漫画,ニュース記事七星のスバル

スポンサードリンク



ロシアによるいたずら?

田尾典丈先生による日本のライトノベルで2018年7月より9月までアニメ化もされた「七星のスバル」。

その4年前に放送された「七星のスバル」のアニメ公式サイトが何故か今更改ざんされて、わいせつな画像がトップページに掲載されるという事態が発生。

原因は乗っ取りなどが考えられており、乗っ取り先のサイトのネームサーバーを調べるとどうやらロシアのようで、「ロシアによる乗っ取り」の可能性も浮上。

ここでは、「七星のスバル」のアニメ公式サイトの乗っ取りについてまとめていく。

スポンサードリンク


「七星のスバル」アニメ公式サイトが改ざんの被害に

【七星のスバル】アニメ公式サイトが改ざん・乗っ取り被害にあった件【ロシアのサイバー攻撃・ハッキングの可能性は】

田尾典丈先生による日本のライトノベルで2018年7月より9月までアニメ化もされた「七星のスバル」。

その4年前に放送された「七星のスバル」のアニメ公式サイトが何故か今更改ざんされて、わいせつな画像がトップページに掲載されるという事態が発生。

「七星のスバル」はガガガ文庫から刊行されたライトノベルであり、連載もアニメも既に終了しているのだが、なぜいまさら改ざんされたのか?

ちなみに、改ざん先の公式サイトのURLは以下のものだ。

http://7subaru.jp/

現在は閲覧できないのだが、2020年ごろまでは普通の公式サイトとして運用していたようだが、2021年ごろからは公式のものではない画像が掲載されいる状況になったようだ。

ねとらぼ取材班による問い合わせ

こういった事態を受けて、ねとらぼ取材班が「七星のスバル」製作委員会のTBSに問い合わせたところ、「当該サイトは現状公式ホームページではございません」と回答があったようだ。

現在のサイトには、本物の「七星のスバル」の画像も掲載されている状態で、サーバに対して著作権侵害の画像の削除依頼を出しているとのこと。

このような改ざんについて、乗っ取り・ドメイン失効の可能性が考えられるとのことですが、現状、「公式サイトではない」という回答からドメインが失効→中古市場に放流→ドメインが購入され、その運営者が悪質な悪戯をしているという可能性もある。

ロシアの乗っ取りの可能性

【七星のスバル】アニメ公式サイトが改ざん・乗っ取り被害にあった件【ロシアのサイバー攻撃・ハッキングの可能性は】

ちなみに、乗っ取り先のドメインのネームサーバーを調べてみると、ネームサーバーのところに「.ru」の表記があるが、この「.ru」は、ロシアを意味する。

日本なら「.jp」になるのだが、これにより「ロシアからのいたずら・改ざんなのでは?」という声があるが、時期的に2021年ごろから改ざんがあったようだし、ロシアによるサイバー攻撃ではなく、単なるいたずらの可能性が高い。

というか、既に連載も終了しているしアニメも4年前であることからいまさら改ざんして注目を集めようという意味合いもなさそうだし、特に事件性はなさそうと思える。