スポンサードリンク

【ひどい】バルミューダフォンのデザインがダサいと言われる理由まとめ【スペックが微妙で評価もいまいち】

ニュース記事バルミューダフォン

スポンサードリンク



スクリーンショット 2021 12 02 21.43.32 - 【ひどい】バルミューダフォンのデザインがダサいと言われる理由まとめ【スペックが微妙で評価もいまいち】

バルミューダよ、一体なぜこんなことに…?

2021年11月26日に発売されたバルミューダフォン。

デザイン性が高い高級トースターなどが人気の新興家電メーカー「バルミューダ」がデザインしたAndroidスマホなのですが、リリース前からかなり話題となった。

話題にはなってるが、その大半が「デザインがダサい」や価格が高いなど酷評の嵐であり、もはや誰が買うのか?というレベルなのだが、ここではバルミューダフォンのネット評価をもとに、ダサイと言われる理由、ここまで酷評され叩かれている理由を説明する。

スポンサードリンク


バルミューダフォンの評価がひどい件

スクリーンショット 2021 12 02 21.52.20 - 【ひどい】バルミューダフォンのデザインがダサいと言われる理由まとめ【スペックが微妙で評価もいまいち】

あのおしゃれでデザイン性が高い高級トースターなどが人気の新興家電メーカー「バルミューダ」が、なぜかスマートフォン業界に参戦したことで話題になったのですが、そのバルミューダが「コンパクト。そしてエレガント。」のキャッチコピーでリリースした『バルミューダフォン』は現在称賛する声よりも酷評する声が相次いでいる。

まず、デザインがダサく、色々とスペックがひどい、悪いなど散々たるもの。その影響菜乃花もしれませんが、現在バルミューダの株価はコロナショックの安値を大きく下回る事態にも発展しています。

スクリーンショット 2021 12 02 21.58.31 - 【ひどい】バルミューダフォンのデザインがダサいと言われる理由まとめ【スペックが微妙で評価もいまいち】

ここでは、なぜこんなにもバルミューダフォンが叩かれているのかなどを説明する。

バルミューダフォンのダサいと言われる理由と叩かれている理由

以下でバルミューダフォンのダサいと言われる理由と叩かれている理由をまとめていく。

価格が高い

スクリーンショット 2021 12 02 21.56.05 - 【ひどい】バルミューダフォンのデザインがダサいと言われる理由まとめ【スペックが微妙で評価もいまいち】

まず、そもそも論「価格が高すぎる」という声が多く、実際バルミューダフォンが10万3000円で販売されています。

そして、同じCPUを備える格安端末の「OPPO Reno5 A」の価格は4万3800円であることから、バルミューダフォンの約半額で買えることからちょっとぼったくりじゃね?みたいな声も。

価格に対してスペックが微妙

バルミューダフォンは価格に対して、スペックがかなり微妙。メモリは6GB、ストレージは128GB、画面は4.9インチのフルHD。FeliCaや耐水もありなのだが、正直これなら5万くらいがいいところ。

正直、この価格ならiPhone13やAQUOS R6買うわな。

ゴミ機能搭載【料理撮影モード】

バルミューダフォンには、料理撮影モードという料理をより美味しそうに写す機能があるようだが、蓋を開けれ見ればそのモードを使うと全体的に緑がかって昔のブラウン管テレビの画面をカメラで撮影したような写真に仕上がってしまうため、普通に撮影したほうが良いというゴミ機能が搭載されていたことが話題に。

しかも、4Kで撮影できないというのも残念な点だ。

デザインがかなり微妙

バルミューダといえば、トースターなど家電のデザインが優れていることでも知られていますが、バルミューダフォンにいたっては「どうしてこうなった」レベル。

なぜデザインが微妙なのか理由は以下の通り。

理由①:ベゼルが太すぎる

スクリーンショット 2021 12 02 23.33.26 - 【ひどい】バルミューダフォンのデザインがダサいと言われる理由まとめ【スペックが微妙で評価もいまいち】

1つ目の理由は太すぎるベゼルです。スマートフォンのベゼルとはスマートフォンの液晶画面を守る枠のことを意味します。

ここ最近の傾向ではiPhoneなどが顕著ですが、このベゼルをできるだけ削減してスマホそのものの大きさはあまり変えずに画面の表示領域を広げたデザインの「ベゼルレス」のスマートフォンが主流となっている中、バルミューダはその流行の逆を行く反骨精神を見せています。

だがしかし、このベゼルが太すぎるがゆえに「キッズ携帯」のよう見えてしまうことからダサいと言われる理由の一つと思われます。

スクリーンショット 2021 12 02 23.36.20 - 【ひどい】バルミューダフォンのデザインがダサいと言われる理由まとめ【スペックが微妙で評価もいまいち】

↑ソフトバンクのキッズフォン。バルミューダフォンもこのように見えてしまう。

理由②:パンチホールがでかい

ダサく見える理由の2つ目は、大きすぎるパンチホールです。

スマートフォンのパンチホールとは、デイスプレイに穴を開けてフロントカメラを内蔵するした形のことを指しているのですが、韓国のサムスンが2018年11月頃にリリースした商品から導入して他社のスマホにも広まって行きました。

スクリーンショット 2021 12 02 23.41.46 - 【ひどい】バルミューダフォンのデザインがダサいと言われる理由まとめ【スペックが微妙で評価もいまいち】

このパンチホールスマートフォンは、ベゼルレススマートフォンに加えてさらに本体の画面を広げることができます。

しかし、バルミューダフォンは太いベゼルがあるのにパンチホールがデカすぎるがゆえに、パンチホールのせっかくのメリットを活かしきれていないのが残念。

理由③:背面のロゴがダサい

スクリーンショット 2021 12 02 23.44.24 - 【ひどい】バルミューダフォンのデザインがダサいと言われる理由まとめ【スペックが微妙で評価もいまいち】

そして極めつけは背面のロゴ。バルミューダフォンの背面には、大きく「Balmuda」の文字が刻まれています。

このロゴのフォントについて指摘する声が数多く上がっており、今回採用されているロゴはバルミューダがスマートフォンなどのIT機器やAV機器などを扱う新ブランドとして立ち上げた「BALMUDA Technologies」が手掛けたもの。

高級トースターなどオシャレ家電メーカーのイメージが強いバルミューダファンからすれば、洗練されたシンプルなロゴのイメージが強いので、今回下手にロゴにこだわってしまったため、もっとシンプルな方が良かったという声が多いです。