スポンサードリンク

【放送事故】元ちとせがCDTVで披露した歌が下手に聞こえた理由【喉の調子が悪い・壊していた疑惑】

アーティストCDTV, 元ちとせ

スポンサードリンク



久しぶりの放送事故案件。

アラサー世代なら懐かしいと感じるであろう今から20年くらい前にヒットした「ワダツミの木」。

元ちとせさんの最大のヒット曲であり、当時どこでもBGMとして流れていた記憶があるが、2022年4月18日に放送されたCDTVにて久しぶりに登場して歌声を披露したのだが、全盛期の歌声の時とは違いほとんど声が出ていなく、高温パートも非常に苦しそうに無理やり出そうとするなど、なかなか放送事故レベルの出来でTwitterのトレンドにも上がるなど反響を呼んだ。

ここでは、久しぶりにテレビの前で歌声を披露した元ちとせさんの放送事故レベルの歌についてまとめていく。

スポンサードリンク


CDTVの元ちとせの歌声が放送事故レベルで話題に

ワダツミの木 - 【放送事故】元ちとせがCDTVで披露した歌が下手に聞こえた理由【喉の調子が悪い・壊していた疑惑】

アラサー世代なら懐かしいと感じるであろう今から20年くらい前にヒットした「ワダツミの木」。

元ちとせさんの最大のヒット曲であるが、2022年4月18日にCDTVに出演し久しぶりにテレビの前でその歌声を披露したのだが、その歌声が放送事故レベルで話題となっている。

Twitterのトレンドに上がるなど反響を呼んでおり、全盛期を知る者にとってはその変わり果てた歌声を嘆くもの、調子が悪いながらも久しぶりに姿を見せてくれたことに感謝するもの、大雨という最悪なコンディションで歌わせた番組側に対しての批判など様々な声が目にする。

果たしてその放送はどのようなものだったのだろうか。

CDTV実際の映像

実際のカウントダウンTVで披露したワダツミの木がこちら。

見て分かる通り、ものすごく声を出しづらそうに歌っていてところどころ音程も怪しく、声も出ていないことがわかる。

ワダツミの木が発売されてから20年、一体彼女の身に何があったのか。

元ちとせが歌が下手に聞こえてしまった理由考察

元ちとせさんは最初に言っておくが、歌は下手ではない。というか全盛期だけ見ればかなり歌唱力はレベルが高い。

20年も経てば色々と変化があると思うが、なぜカウントダウンTVではあのような歌声になってしまったのか?

数年前から喉の調子が悪い・壊している疑惑

Twitterを漁っていると以下のようなツイートを見つけた。

どうやら、10年ほど前から元ちとせさんは喉を壊しているらしく、それでも歌い続けているというものだ。

これが本当ならカウントダウンTV以前から調子を悪くしているとのことだが、昨年行われた「Billboard Live “夏の宴 2021″」というライブでも同曲を披露している様子を見る限りは、CDTVほどでないにしろ確かに調子は悪そうにも思える。

なお、YouTubeには7年前に投稿されたライブの様子を収めた映像があった。

この時もあまり調子がよくなさそうに思える。なお、2002年に行われたライブの映像もあったので貼っておく。

やはりここ数年のライブと比較しても歌唱力の違いがよく分かるだろう。映像を見る限りでも数年前から喉の調子が悪いのはあながち嘘ではないのかもしれない。

大雨という最悪のコンディションで歌ったため

あとはまだまだ夜の気温が低い中、外は大雨という最悪なコンディションの中で歌ったのも影響がデカイと思われる。

誰だって体が冷えれば声が出なくなるのは普通であり、そんな中タダでさえキーの高いワダツミの木を歌い上げるのは至難の業だろう。

そういう表現の歌い方

ゴミトレンドブログのBBAたちが「そういった表現の歌い方なんですよね!表現力が高いといえば高いのでしょうね」とかもはや高度な煽り・嫌味にしか聞こえないことをほざいているのを見かけたが、上に張ってある2002年当時のパフォーマンスとここ最近のパフォーマンスを比べてもらえばわかるが、この説はないということがお分かりいただけるであろう。

数年前から喉の調子+当日最悪のコンディションでの歌唱が原因でしょうね。

女性ボーカルは喉壊しやすい気がする

元ちとせさんに限った話ではなく、同世代であるELTの持田香織さん・一時代を築いた浜崎あゆみもそうだが、原因は人それぞれだが歌声は劣化してしまっている。

特に、女性は男性に比べると歌声が劣化しやすい傾向にあるようだし、やはり年齢を重ねるとどうしても高い声が出しにくくなる。

そのため、無理やり声を出そうとして喉を壊してしまったのかは定かではないが、ここから再び全盛期の歌声を取り戻すのはかなり厳しいかとは思われる。

それでも、ファンのためにステージに立つ人は立派だと思うし、個人的には応援したい。