【動画】北海道ゴーカート事故の責任は?11歳女の子ではなく主催者のトヨタ系列の会社か【ツイッター鍵垢】

2022年9月20日ニュース記事北海道ゴーカート事故

スポンサードリンク



北海道森町で発生したゴーカート事故の責任は誰にあるのか?

2022年9月18日に北海道森町で発生したゴーカート事故。11歳の小学生の少女が運転するゴーカートがコースを外れ1歳から4歳の子ども4人と大人1人のグループに突っ込んでしまい、意識不明の重体になっていた2歳の吉田成那ちゃんという男児が残念ながら亡くなってしまうという悲惨な事故だ。

亡くなった男児の親御さんの気持ちを思うと非常に切ないものであるが、同時に突っ込んでしまった11歳の女の子も罪悪感いっぱいであることが想像できるから心のケアが重要だと思われる。

このように子供が子供に突っ込むという事故なのだが、運営の安全管理になどに非難の声が届いている。

ここでは、北海道森町で発生したゴーカート事故についてまとめていく。

スポンサードリンク


北海道森町で発生したゴーカート事故で2歳男児死亡事故

スクリーンショット 2022 09 20 21.29.13 - 【動画】北海道ゴーカート事故の責任は?11歳女の子ではなく主催者のトヨタ系列の会社か【ツイッター鍵垢】

2022年9月18日に北海道森町で11歳の小学生の少女が運転するゴーカートがコースを外れ1歳から4歳の子ども4人と大人1人のグループに突っ込んでしまい、意識不明の重体になっていた2歳の吉田成那ちゃんという男児が残念ながら亡くなってしまうという悲惨な事故が発生。

楽しい休日になるはずだった日が、子供が子供を殺めてしまうという悲惨な結果になっただけに、被害者だけでなく、結果的に加害者になってしまった11歳の小学生の少女とその家族のメンタルも気になるところだ。

このような悲惨な事故を受けて、今現在も運営の安全管理に対して非難する声が絶えない。

北海道森町で発生したゴーカート事故の責任は誰にあるのか→運営との声多数

↑事前に講習したとはいえ最大で40キロ出せる車を子供に運転させ、三角コーンしか置いていないという安全認識の欠如。

今回の事故の原因は、11歳の女の子がアクセルとブレーキを踏み間違えて、客席に突っ込んでしまったという事故だが、そもそも安全管理的にどうなのか?と運営を叩く声が多い。

実際に、状況的に考えても、運営サイドの不手際や安全認識の欠如が起こした悲惨な事故であり、11歳の女の子も被害者であるとされているが、その理由が以下の通りだ。

ゴーカートイベント主催はトヨタの関係会社

まず、今回のイベントは北海道・森町赤井川のホテル「グリーンピア大沼」で行われた「函館地区オールトヨタ」主催の運転体験イベントだ。

FdASB4WacAIpHx9 - 【動画】北海道ゴーカート事故の責任は?11歳女の子ではなく主催者のトヨタ系列の会社か【ツイッター鍵垢】

イベントのポスターを見ても、函館トヨタ・函館トヨペット・カローラ函館・ネッツトヨタ函館とトヨタグループの販売会社によるイベントだということがよく分かる。

さらに、イベント名は「函館地区オールトヨタクルマファンFES」と書かれていることから、トヨタは関係ないとかはどう考えても言い逃れはできない。

【トヨタに忖度?】報道では主催者・主催名の記載なし

今回の事故はトヨタ系列の販売会社によるイベントだったのだが、実際に事故が起こった後のニュースやテレビ番組の報道を見ると、運営会社・主催者はトヨタ系列と記載しているところはない。

函館トヨタの公式ツイッターアカウントは鍵垢逃亡

スクリーンショット 2022 09 20 23.18.43 - 【動画】北海道ゴーカート事故の責任は?11歳女の子ではなく主催者のトヨタ系列の会社か【ツイッター鍵垢】

また、当日イベントに名を連ねた主催者の会社の一つである函館トヨタの公式ツイッターアカウントがあるのだが、クソリプや引用RTで叩かれる事を恐れてか、事故後鍵垢にして逃亡中。

ゴーカートは時速40キロ出せるレース仕様

イベント当日、11歳の女の子が乗っていたゴーカートは、遊園地とかにありそうな乗り物ではなく、最大40キロ出せる代物だったということが判明。

というか、もはやゴーカートと呼べる代物ではなく、マリオカートにも登場しそうな競技用カートだ。

11歳の運転経験のない子供にとって、時速40キロ出せるということは未知の領域であり、そりゃパニクってブレーキとアクセル踏み間違えてしまっても不思議ではない。

 

 

2022年9月20日ニュース記事北海道ゴーカート事故

Posted by メソマ@管理人