【炎上】大阪王将仙台中田店の元従業員おとはPの告発まとめ【なめくじ・ゴキブリ・会社は閉店するのか】

ニュース記事大阪王将仙台中田店

スポンサードリンク



王将違いで餃子の王将が風評被害受けないといいが。

2022年7月24日に、飲食店において絶対にやってはいけない行いをやっていることが従業員によって暴露された。

その飲食店の禁忌を犯していたとされるのが「大阪王将 仙台中田店」。

同店の元従業員によると、ナメクジやゴキブリなどが厨房(調理場)に常駐しているようで、もはやその衛生環境の悪さが当たり前になりすぎて誰も気にしなくなったようだ。

ここでは、「大阪王将 仙台中田店」の元従業員と思われる人物による衛生環境のありえない実態についての告発をまとめていく。

スポンサードリンク


大阪王将 仙台中田店の厨房にナメクジ+ゴキブリが大量発生か

【炎上】大阪王将仙台中田店の元従業員おとはPの告発まとめ【なめくじ・ゴキブリ・会社は閉店するのか】

人気中華チェーンである大阪王将の仙台市の店舗「大阪王将 仙台中田店」にて、元従業員と思われる人物による告発が行われた。

この店舗は、大阪王将の直営店ではなく、フランチャイズ契約で運営されているようで、運営会社はファイブエム商事と判明している。

この告発により、瞬く間に該当店舗は大炎上し、保健所からヒアリングすることが決定したようだ。

【炎上】大阪王将仙台中田店の元従業員おとはPの告発まとめ【なめくじ・ゴキブリ・会社は閉店するのか】

仙台市市長・郡和子も言及する事態に

この騒動は、仙台市市長・郡和子も目にとまったようで、定例記者会見でこの問題に触れていた。

仙台市長は「書き込みされていた状況などについて確認をされなかったものの、調理場の中の清掃が十分に行き届いていなかった箇所もあったことから、今後の営業にあたって順守すべき事項を指導したと、保健所から報告を受けた。」と説明。

ファイブエム商事の元従業員「おとはP」による告発内容

今回の騒動の告発者は「おとはP」という元従業員と思われる人物によるTwitterアカウントによるもの。

この人物は7月25日付けで退職しており、同日中に今回の告発を行ったようです。

「おとはP」によれば、厨房にはナメクジやゴキブリが大量に発生していたものの誰も気にしないで営業していたとのことだが、そんな告発の内容は以下の通り。

洗濯機の中にゴキブリ

野良猫を飼う

冷蔵庫の扉の間にナメクジ

【炎上】大阪王将仙台中田店の元従業員おとはPの告発まとめ【なめくじ・ゴキブリ・会社は閉店するのか】

当時の店長は誰か【特定済み】


ちなみに、ファイブエム商事の元従業員「おとはP」によると、当時の店長名前は「山川さゆり」と明らかにしている。

大阪王将 仙台中田店の運営会社「ファイブエム商事

【炎上】大阪王将仙台中田店の元従業員おとはPの告発まとめ【なめくじ・ゴキブリ・会社は閉店するのか】

上にも挙げたように、大阪王将 仙台中田店の運営会社は「ファイブエム商事」と判明している。

大阪王将の他にも、大戸屋や珈琲館などの人気チェーン店のフランチャイズ営業していることが伺える。

社名有限会社ファイブエム商事
資本金700万円
設立平成4年9月21日
代表者松川 実
本所在地〒986-0874 宮城県石巻市双葉町6番18号
所在地〒984-0042 宮城県仙台市若林区大和町5丁目2-15

今回の一件により、大阪王将の店舗だけでなく、大戸屋や珈琲館の運営店舗にも影響が及ぶとは思う。

告発が真実だとすると、下手すればどのチェーン店もフランチャイズ契約が打ち切られてもおかしくない状況だけに、続報を待とう。