スポンサードリンク

【ドーピング】カミラワリエワ選手(ロシア)が16歳未満未成年を理由に失格にならず出場許可され炎上【北京オリンピック】

ニュース記事フィギュアスケート, ワリエワ, 北京オリンピック2022

スポンサードリンク



スクリーンショット 2022 02 14 23.37.45 1024x493 - 【ドーピング】カミラワリエワ選手(ロシア)が16歳未満未成年を理由に失格にならず出場許可され炎上【北京オリンピック】

スーツはダメでドーピングはOKはおかしいよな。

何かと意味不明な判定や不可解な抜き打ち検査で大量失格者を出すなど冬季オリンピックの中でも最悪な内容となっている北京オリンピック2022。

競技によっては選手の努力を踏みにじる行為をするなど各国から批判の声が絶えないのだが、今度は中国と中の良いロシアのフィギュアスケート選手「カミラ・ワリエワ」がドーピング行為を行ったとして問題となっている。

発覚したのが昨年12月の大会のものであり北京オリンピック2022にはしていないものの、本来陽性となると一発失格で参加資格停止、ヨーロッパ選手権もメダル剥奪ものなのだが、なぜか出場が許可された。

ここでは、ロシアのフィギュアスケート選手「カミラ・ワリエワ」がドーピング違反が発覚したのにもかかわらず個人戦出場が認められたことについてまとめていく。

スポンサードリンク


「カミラ・ワリエワ」がドーピング違反したのにもかかわらず個人戦出場を許可

昨年12月のドーピング違反が判明した北京冬季五輪フィギュアスケート女子のロシア人選手であるカミラ・ワリエワなのですが、どうやらこのたび個人戦出場が認められたようだ。

国際オリンピック委員会(IOC)、世界反ドーピング機関(WADA)、国際スケート連盟(ISU)の3つの団体が、ロシア反ドーピング機関(RUSADA)によるワリエワの暫定資格停止処分解除に不服にスポーツ仲裁裁判所(CAS)申してたのだが、提訴を却下されてしまった。

そして、国際オリンピック委員会(IOC)はオリンピック開催期間中はワリエワ選手が3位以内ならメダル授与式は行わないという声明までだす異常事態となっている。

このように中国と仲の良いロシアの選手は庇うのに対して、スキージャンプやスピードスケートの抜き打ち検査や明らかな反則スレスレの行為はお咎めなしのことから、批判の声が絶えない。

16歳未満を理由にお咎め無し

CASは裁定の理由として16歳未満のワリエワが処分が軽減される保護対象であること、五輪期間中に陽性反応を示していない選手への考慮、今回出場を認めなければワリエワに取り返しのつかない損害を与えること、などを挙げている。

また、団体戦の扱いに関しては裁定を要求されていないため、決定は別になるとも記した。

このように年齢が16歳未満という未成年ということと、今回出場を認めなければワリエワに取り返しのつかない損害を与えることが主な理由のようだが、同じドーピングをしていた他の選手は失格になっているため、彼女だけ特別扱いするのはいかがなものか。

こんな前例許したら16歳未満の未成年ならドーピングありになってしまう。