【ネタバレ】すずめの戸締まりは東日本大震災の描写あり|被災者・トラウマ・PTSDの方は鑑賞注意

アニメ・漫画すずめの戸締まり

スポンサードリンク



2022年11月11日に「君の名は」「天気の子」などで知られる新海誠監督の新作映画「すずめの戸締まり」が公開された。

公開初日で約12億円もの売上を叩き出すなど、好スタートを切っているのだが、この映画はネタバレにはなるが2011年3月11日の「東日本大震災」が話に絡んで来ることが予め公式より告知されている。

なぜネタバレになる内容を告知しるのかというと、東日本大震災が話に絡んでくる関係で、実際の緊急地震速報のアラームに近い音が劇中流れるのだが、かなり大きな災害だったために気分が悪くなる人が出てくることを想定してのためだろう。

ここでは、「すずめの戸締まり」の東日本大震災の告知の注意喚起についてまとめていく。

スポンサードリンク


新海誠「すずめの戸締まり」に東日本大震災の描写が

【ネタバレ】すずめの戸締まりは東日本大震災の描写あり|被災者・トラウマ・PTSDの方は鑑賞注意

2022年11月11日に「君の名は」「天気の子」などで知られる新海誠監督の新作映画「すずめの戸締まり」が公開された。

がしかし、この話は予め公式が「東日本大震災」を描いていてることを注意喚起するほどに非常にリアルに描いていることが話題だ。

このツイートには『本作には、地震描写および、緊急地震速報を受信した際の警報音が流れるシーンがございます。警報音は実際のものとは異なりますが、ご鑑賞にあたりましては、予めご了承いただきます様、お願い申し上げます』と記載された画像が添付されており、警報音が流れることが警告されている。

東日本大震災の描写がリアルだとネタバレツイートが相次ぐ

すずめの戸締まりは上映回数がかなり多く、既に見た人もいて結構ネタバレツイートもされているのだが、東日本大震災を劇中で描いており、それがかなりリアルだというのだ。

このように新海誠監督からの強烈なメッセージ性を感じる、トラウマや実際に被害の合われた方は鑑賞を注意するようなツイートが多数投稿されている。

新海映画はこれまでも災害を描いてきた

ちなみに、新海誠監督は『君の名は。』では彗星が落下して糸守町という架空の街が廃墟になったり、『天気の子』では街が水没する様子を描いた。

ただ、本作では「東日本大震災」という実際に起きた災害を描いており、私も見てきたが新海誠監督は「東日本大震災」という災害を今一度風化させないためや、この災害のせいで本来色々な人が迎えるはずであったであろう挨拶や日常、そして今何気なく毎日を過ごすことができているのは幸せなことであり、毎日を大切に生きて欲しいみたいなメッセージを伝えたかったのではないかとは思った。

素晴らしい内容ではあるが、やはり警報音などかなりリアルであり、実際に震災で甚大な被害を受けた方は色々な人が言われている限り、ある程度覚悟して映画館に行くか、配信やレンタルされたタイミングで家で見ることをおすすめする。