【なぜ】トー横のハウルの死因・突然死の原因とは【病死のようだが病名は不明で消された説も】

2022年11月15日ニュース記事トー横のハウル

スポンサードリンク



2022年11月15日に新宿歌舞伎町のボランティア団体「歌舞伎町卍会」の「トー横のハウル」という異名で活動していた小川雅朝(まさとも)が拘置所で死去したニュースが駆け巡った。

トー横のハウルは2022年6月に16歳少女へのみだらな行為が原因で逮捕され、その後拘置所で拘留されていたのだったが、なぜ外部の人間が接することができない環境下でこのような突然死してしまったのかと、不思議に思っている人が多いようだ。

というのも、あくまで亡くなったことだけを伝えて具体的な死因は何だったのかは伏せられている関係からか、もしかしたら消されたのでは?と陰謀論なども聞こえてくる。

ここでは、トー横のハウルの死因についてまとめていく。

スポンサードリンク


小川雅朝(トー横のハウル)が拘置所内で突然死

【なぜ】トー横のハウルの死因・突然死の原因とは【病死のようだが病名は不明で消された説も】

2022年11月15日に新宿歌舞伎町のボランティア団体「歌舞伎町卍会」の「トー横のハウル」という異名で活動していた小川雅朝(まさとも)が拘置所で死去したニュースが駆け巡った。

トー横のハウルは2022年6月に16歳少女へのみだらな行為が原因で逮捕され、その後拘置所で拘留されていたのだったが、なぜ外部の人間が接することができない環境下でこのような突然死してしまったのかと、不思議に思っている人が多いようだ。

トー横のハウルは新宿のトー横で知り合ったとされる16歳の少女と2021年12月と2022年3月にみだらな行為を行い、東京都青少年健全育成条例違反の疑いで逮捕。

2022年11月22日には初公判を控えていた矢先、拘置所内で突然死。享年33歳。

年齢的にはまだまだ若く、急な死去に驚きや悲しみの声が多数上がっていたのだが、なぜ突然死の事実だけを伝えて、具体的な死因を公開しないのか?

トー横のハウルの休止の原因は病死か?

トー横のハウルの死亡原因について、朝日新聞では以下のように伝えられている。

病死とみられ、体調が急変したという。

出典:https://news.yahoo.co.jp/articles/f2902c11fd4209e734c619b4848a1d4ea78e3012

具体的な病名は伏せられているのだが、どのような病名なのかは不明であり、もしかしたら司法解剖した後に明らかになるかもしれない。

コロナ感染の後遺症説

トー横のハウルのハウルは以前に新型コロナウイルスに3回罹患したことをツイートしている。

今までコロナに三回かかりましたが、その後遺症なのか、ずっと上半身の真ん中に重りを置かれたような感覚、全体的な痺れ、息を吸ってるのに吸えてないような息苦しさが常にあります。

死ぬときに残るのは思いだけ。

今日も人の為に何かできないか探します。

とツイートされているのだが、このツイートは2022年10月5日のものであり、そこから40日も経過しているため、可能性としてはあまり高くはないだろう。

どちらかというと、直前にワクチン打ったとかなら話は変わってくるだろうけど。

何者かに消された説【プチエンジェル事件の再来か】

一応報道では「病死」ということになっているが、具体的な病名を挙げていないことから「何者かに消された」説も出てきている。

ここらへんは現状裏付ける情報がないため、陰謀論扱いとなるが、中には未だに未解決の上級国民や政治家が関わったとされる「プチエンジェル事件」を彷彿とさせるみたいなツイートも。

ここでは述べないが、プチエンジェル事件について気になるようなら、たっくーTVがうまく解説しているのでそちらをご覧あれ。

共通点としてはどちらも「未成年の女性」が関わっているというところはあるが、上にも挙げたように裏付ける情報がないため、「まぁそういった陰謀論も出ても仕方ないよなぁ」程度に捉えておこう。

2022年11月15日ニュース記事トー横のハウル

Posted by メソマ@管理人