スポンサードリンク

【ショック】ヒカルと元乃木坂46の松村沙友理が真剣交際|門りょうとはどうなったのか?【納得行かない人が一定数いる件】

Youtuber・配信者ヒカル, 松村沙友理

スポンサードリンク



2022年3月23日に元情報商材屋で現YouTuberの不倫路上ベロチューのスキャンダルで有名な元乃木坂46の松村沙友理がどうやら真剣交際しているようだ。

お互いアラサーだし、別に松村沙友理ももうアイドルではないのだから特にこの交際で炎上しそうというわけではなく、どちらかというと興味がない人が多く言うほど話題になっていない印象だが、ここではヒカルと元乃木坂46の松村沙友理の交際についての反応などをまとめていく。

スポンサードリンク


ヒカルと元乃木坂46の松村沙友理が真剣交際

ヒカル松村沙友理 - 【ショック】ヒカルと元乃木坂46の松村沙友理が真剣交際|門りょうとはどうなったのか?【納得行かない人が一定数いる件】

2022年3月23日に元情報商材屋で現YouTuberの不倫路上ベロチューのスキャンダルで有名な元乃木坂46の松村沙友理がどうやら真剣交際していると、NEWSポストセブンが報じた。

記事によると、3月上旬の夕方、白色のニットに茶色のパンツ、ベージュのハットを目深にかぶった松村沙友理がスーパーに行って、いちごや総菜などを買い込み、軽やかな足取りで向かった先は近くのヒカルが住むという高級マンションに行ったこようだ。

2人の馴れ初めや出会いのきっかけは

matsumura 09 750x500.jpg - 【ショック】ヒカルと元乃木坂46の松村沙友理が真剣交際|門りょうとはどうなったのか?【納得行かない人が一定数いる件】

金髪起業家ヒカルと路チューの松村沙友理は共通の知人を介して知り合い意気投合し、お互いに関西出身ということで話も弾み2021年に交際に至ったとのこと。

意外にも芸能界とはそれほど接点がない。
素顔は物静かで、派手な場所を好むタイプではなく、あれだけモテるのに女性の噂も数えるほど。
松村さんとは共通の知人を介して知り合い、意気投合。互いに関西出身という共通点もあって話が弾み、人知れず密かに愛を育んできました

NEWSポストセブンより引用

具体的な交際時期については不明だが、松村沙友理は2021年7月に乃木坂46を卒業したのだが、その後と予想。

一応アイドルは恋愛禁止という建前があるし、何より一度こういったスキャンダルで大炎上した過去があるので、さすがに他のメンバーに再び迷惑をかけまいとそういったことは卒業後にしているものと思いたい。

なお、交際後は頻繁に彼の自宅マンションを訪れるようで、一応真剣交際している様子。

「松村さんのヒカルさんに対する思いは本物です。彼女は話し方も性格もおっとりしていますが、もともとお笑いが好きで、ヒカルさんのYouTubeのファン。速射砲のような彼のトークにお腹を抱えて笑い、彼と一緒に過ごす時間が楽しくて仕方ないのだとか」

一方のヒカルも、真剣な交際であることを周囲に明かしているという。

NEWSポストセブンより引用

所属事務所は、「プライベートは本人に任せております」と回答。

一方のヒカルは「YouTubeを見てほしいとしか言えません」と回答しているようだ。

ちなみに、ヒカルさんの自宅マンションを頻繁に訪れている松村さんですが、彼の自宅は「芝浦アイランド」と噂されている。

ヒカルは門りょうとはどうなったのか?別れたのか

ヒカル門りょう 767x1024 - 【ショック】ヒカルと元乃木坂46の松村沙友理が真剣交際|門りょうとはどうなったのか?【納得行かない人が一定数いる件】

金髪起業家ヒカルは門りょうに関して「結婚するなら間違いなく門りょう」と語っており、過去にはドライブデート、ディズニーデート、ユニバデートなど数多くのコラボをしている。

また、門りょうのYoutubeチャンネルでは、ネタの可能性も高いが一応告白もしている。

ヒカル告白 - 【ショック】ヒカルと元乃木坂46の松村沙友理が真剣交際|門りょうとはどうなったのか?【納得行かない人が一定数いる件】

そしてHしたことも語っている。

これは去年の話なのでまだ松村沙友理と付き合っていない時期なら別にセーフだとは思う。

ただ、仮に肉体関係まであったのになぜ真剣交際まで至らなかったのだろうか。

ヒカルは過去に松村沙友理に触れていた

ヒカルは過去に動画内で、まだアイドル時代の松村沙友理の事を「スキャンダル出てた人」といっている。

ディスってはないが、まさかこの後真剣交際とか報道されるとは夢にも思わなかっただろう。

納得できない人も多いか

松村沙友理のアイドル時代のファンは幸せなら誰とでも付き合っても良いみたいな風潮っぽいが、相手がヒカルと知ると快く思わない人も一定数いるようだ。