スポンサーリンク

【炎上?】みそるまずい?美味い?口コミやみそきんのパクリ企画か【塩辛いレビュー多数】

2023年5月24日Youtuber・配信者・その他インフルエンサーみそる,ヒカル

スポンサーリンク

ヒカキンの「みそきん」パクリ企画、果たして効果の程は?

2023年5月20日(土)より、元情報商材屋・金髪起業家として怪しい商売をしていた現在オワコンとネタにされているYoutuber「ヒカル」と豚骨醤油のラーメン店「ばんから」のコラボで「みそる」「つけみそる」が限定発売されることが発表された。

PVもヒカキンの「みそきん」を発表したときと同じようなものを4万円に制作してパクリだと話題を呼んだのだが、ヒカルの場合はカップラーメンではなくちゃんとした「ラーメン店」とのコラボであり、味については期待している声が多かれ少なかれある模様。

ここでは、ヒカルと「ばんから」のコラボラーメンである「みそる」は美味しいのか?まずいのかなど口コミをまとめていく。

ヒカル×ばんからコラボ「みそる」が期間限定で販売

2023年5月20日(土)より、元情報商材屋・金髪起業家として怪しい商売をしていた現在オワコンとネタにされているYoutuber「ヒカル」と豚骨醤油のラーメン店「ばんから」のコラボで「みそる」「つけみそる」が限定発売されることが発表された。

■発売日:2023年5月20日(土)~、1か月間限定販売

2023年5月20日(土)より、元情報商材屋・金髪起業家として怪しい商売をしていた現在オワコンとネタにされているYoutuber「ヒカル」と豚骨醤油のラーメン店「ばんから」のコラボで「みそる」「つけみそる」が限定発売されることが発表された。

この「みそる」は1週間前から考えてたものの試食会も合わせて1日でほぼ制作されたもので、アイディアも2日(48時間)で考えたラーメンであり、ばんからの王道「味噌ラーメン」をベースにしていると語っている。
また、PVはヒカキンの「みそきん」のPVを模倣して4万円で制作した模様。

「みそる」は豚骨醤油ラーメン店「ばんから」の都内23区23店舗で発売予定であり、1ヶ月間の期間限定なので、食べたいのなら早めに行ったほうが良さそうだ。

ただし、このみそるは果たして美味しいのだろうか?

みそるはまずい?美味しい?口コミ評価レビュー

美味しいという口コミ

まずは美味しいという口コミ。見た感じヒカルのファン・信者の方々は基本的に美味いと言っている印象だ。

https://twitter.com/KNA_Game/status/1661360217882521602

https://twitter.com/suzuna__0529/status/1660922265955979266

まずいという口コミ【塩辛い?】

続いてはまずいという口コミ。まずいというかやたら塩辛いという感想が非常に多い。

中には辛辣な評価もあり、1200円の価値としてはやや微妙との声が多い印象だ。

コラボ元の「ばんから」の評判について

ちなみに、味に関してなのだが今回みそるを販売している「ばんから」なのだが、Googleの口コミを見てみるとどの店舗も平均して星3.5であり、ラーメン屋としてはやや微妙な印象だ。

【炎上?】みそるまずい?美味い?口コミやみそきんのパクリ企画か【塩辛いレビュー多数】

上のみそるの口コミでも「塩辛い」というレビューがあるのだが、口コミを見る限りでは元々ばんからのラーメン自体味が濃い・しょっぱめなのが特徴であるようだ。

新規でついた口コミからいくつかピックアップすると以下のような意見が並ぶ。

「醤油が強すぎて豚骨感があまりありませんでした。」

「味濃い過ぎるし不味い。なぜ人気なのかわからない。」

「つけ麺はしょっぱすぎなのと、器が小さすぎで食べにくいのでオススメしません。」

そのため、塩辛いのが苦手な人や塩分を気にしている方は食べる前に確認しておいたほうが良さそう。

なお、結構繁華街の店舗は深夜〜早朝まで営業している店舗もあるので、飲み帰りの〆として訪れるラーメン屋としては最適だと思われる。

「みそる」は「みそきん」のパクリ?似すぎて炎上か

この「みそる」は、日本一のYouTuberである「ヒカキン」が日清食品とコラボして制作した「みそきん(2023年5月9日発売日)」が完売した後に即発売されたため、みそるの企画自体思いっきりパクリだとされている。

実際に、PVも寄せてきており、間違いなくヒカルはヒカキンを意識したことだろう。

■みそきんの動画

https://twitter.com/hikakin/status/1651563455101665281

■みそるの動画

セリフ、動画の時間や構成も全く同じであり、もはやプライドがないのかと突っ込みたくなるようなクオリティーなのだが、ファンや信者からは絶賛されているのだが、その他界隈からは「二番煎じおもんねぇ」「おもんない」「100円でも食べません」などと散々言われている印象だ。