【歴代】国葬が行われた偉人・政治家(総理大臣)・天皇陛下まとめ【戦前・戦後】

ニュース記事国葬

スポンサードリンク



2022年7月8日に凶弾に倒れ命を落とすことになった安倍晋三元総理。

日本だけでなく世界中からその突然の訃報を悲しむ声は連日に渡り寄せられており、その功績は言うまでもなく偉大なものだろう。

そんな中、岸田文雄総理が歴代最長政権を築いた安倍氏の功績に加え、国内外から追悼の声が途切れないことを踏まえて国葬を執り行うことが決定された。

当初は慎重論もあったようだが、今回は岸田文雄総理の強い要望から執り行うことが決定したとの報道だ。

これにより、一部のお左翼界隈からは「#安倍晋三元総理の国葬に反対します」など無意味なハッシュタグデモを行うなど気に入らない様子が伺えるが、そんな国葬が行われた人物は日本人ではどのくらいいるのか?

スポンサードリンク


国葬が行われた偉人・政治家・天皇陛下まとめ

スクリーンショット 2022 07 15 20.02.35 1024x748 - 【歴代】国葬が行われた偉人・政治家(総理大臣)・天皇陛下まとめ【戦前・戦後】

↑2020年に行われた、中曽根康弘元総理の内閣・自民党合同葬の様子。

国葬とは、ウィキペディアによると「国家に功労のあった人(君主、皇族、王族、政治家、軍人、学者、芸術家、宗教家、環境保護活動家など)の死に際し、国家の儀式として、国費をもって行われる葬儀」のことと記されている。

日本では歴代天皇陛下はもちろんだが、歴史上に名を残している政治家や軍人など、多大な功績を残した方々も執り行うことがある。

そんな国葬が行われた人物は今まで誰がいるのか?

国葬された日本人【戦前・戦中編】

伊藤博文 - 【歴代】国葬が行われた偉人・政治家(総理大臣)・天皇陛下まとめ【戦前・戦後】

まずは、戦前国葬が行われた人物一覧。どれだけ偏差値が低くても一度は聞いたことがあるであろう歴史上の偉人たちの名が連ねているのがお分かりいただけるであろう。

日程名前地位・役職
1878年5月17日大久保利通内務卿(事実上の国葬)
1883年7月25日岩倉具視右大臣
1887年12月18日島津久光公爵 左大臣
1891年2月25日三条実美公爵 太政大臣
1895年1月29日熾仁親王陸軍大将 参謀総長
1895年12月18日能久親王陸軍大将 近衛師団長
1896年12月30日毛利元徳公爵 参議 旧山口藩主
1897年2月7日英照皇太后皇太后 大喪儀(事実上の国葬)
1898年1月9日島津忠義公爵 参議 旧鹿児島藩主
1903年2月26日彰仁親王元帥 陸軍大将
1909年11月4日伊藤博文公爵 内閣総理大臣 元老
1912年9月13日明治天皇天皇 大喪
1913年7月17日威仁親王元帥 海軍大将
1914年5月24日昭憲皇太后皇太后 大喪
1916年12月17日大山巌公爵 元帥 陸軍大将 内大臣
1919年3月3日李熈李太王(元韓国皇帝 高宗)
1922年2月9日山縣有朋公爵 元帥 陸軍大将 内閣総理大臣 元老
1923年2月14日貞愛親王元帥 陸軍大将 内大臣
1924年7月12日松方正義公爵 内閣総理大臣 元老
1926年6月10日李坧李王(元韓国皇帝純宗)
1927年2月7日大正天皇天皇 大喪
1934年6月5日東郷平八郎侯爵 元帥 海軍大将
1940年12月5日西園寺公望公爵 内閣総理大臣 元老
1943年6月5日山本五十六元帥 海軍大将 連合艦隊司令長官
1945年6月18日載仁親王元帥 陸軍大将 参謀総長

戦前戦中で国葬が行われたのは上記の25名。明治天皇・大正天皇はもちろんですが、日本海海戦でロシアをボコった東郷平八郎、太平洋艦隊を指揮した山本五十六と言った軍人が入っているのがいかにも太平洋戦争前という感じだ。

また、内閣総理大臣については、伊藤博文氏、山縣有朋氏、松方正義氏、西園寺公望氏の4名。

そして、当時韓国を併合していたため、国葬が行われた人物の中には、元皇帝の李熈、李坧という韓国人2名もいて、韓国ソウル特別市にて特旨によって国葬が執り行われた。

国葬された日本人【戦後編】

吉田茂 - 【歴代】国葬が行われた偉人・政治家(総理大臣)・天皇陛下まとめ【戦前・戦後】

そして、太平洋戦争後に国葬が行われた方々がこちら。戦後は国葬令が失効したことにより、それによって戦前の規定された国葬は行われなくなったのだが、大喪の礼は国家儀式として行われ、その費用が国庫から支出される国葬として扱われるため、「事実上の国葬」も含む。

日程名前地位・役職
1951年6月22日貞明皇后皇太后 大喪儀(事実上の国葬)
1967年10月31日吉田茂内閣総理大臣
1989年2月24日昭和天皇天皇 大喪の礼
2022年9月予定安倍晋三内閣総理大臣

上記の通り、国葬令が失効したため、国葬の数は激減。戦後は天皇は昭和天皇、内閣総理大臣は吉田茂氏のみ。それに安倍晋三元総理が今年9月に行われるので、国葬が行われた内閣総理大臣経験者として6人目の人物となる。

ちなみに、吉田茂元総理の国葬は例外的に閣議によって国葬と決し、かつ政教分離に基づき宗教色を排して行われたことでも有名だ。

なお、戦後は内閣総理大臣が死去した際には内閣と自民党による「合同葬」が主流になっている。

国葬ではなく国家・国家機関が関与した葬儀が行われた政治家

歴代の内閣総理大臣の葬儀は国葬ではなく国民葬や合同葬など、国家もしくか国家機関が関与した葬儀として執り行われることが多い。

そんな国葬ではないが、国家や国家機関が関与した葬儀が執り行われた人物たちがこちら。

日程名前地位・役職葬儀の呼称
1922年1月17日大隈重信侯爵 内閣総理大臣国民葬
1951年3月16日幣原喜重郎内閣総理大臣、衆議院議長衆議院葬
1954年10月7日尾崎行雄名誉議員衆議院葬
1954年11月17日松平恒雄参議院議長参議院葬
1975年6月16日佐藤栄作内閣総理大臣国民葬(自民党、国民有志による)
1980年7月9日大平正芳内閣総理大臣内閣・自由民主党合同葬
1987年9月17日岸信介内閣総理大臣内閣・自由民主党合同葬
1988年12月5日三木武夫内閣総理大臣内閣・衆議院合同葬
1990年4月27日小野明参議院副議長参議院葬
1995年9月6日福田赳夫内閣総理大臣内閣・自由民主党合同葬
2000年6月8日小渕恵三内閣総理大臣内閣・自由民主党合同葬
2004年8月26日鈴木善幸内閣総理大臣内閣・自由民主党合同葬
2006年8月8日橋本龍太郎内閣総理大臣内閣・自由民主党合同葬
2007年8月28日宮澤喜一内閣総理大臣内閣・自由民主党合同葬
2011年11月25日西岡武夫参議院副議長参議院葬
2020年10月17日中曽根康弘内閣総理大臣内閣・自由民主党合同葬

国葬と上記の葬儀の主な違いは、どこが喪主となるのか、葬儀費用をどこが負担するかで異なる。

海外で国葬された日本人

国葬は基本的に日本で功績を挙げた方に執り行われるが、海外ではその国に貢献した方が、現地で国葬を行うことがある。

現在まで4人の日本人の方が、海外で国葬が行われている。

日程名前国葬された国役職
1934年安達峰一郎オランダ外交官、国際法学者
1963年近藤常子ユーゴスラビア看護師、日本文化講師
1992年3月26日西岡京治ブータン日本人農業指導者、植物学者
2011年11月12日宮崎淳トルコNPO法人「難民を助ける会」スタッフ

 

ニュース記事国葬

Posted by メソマ@管理人