【ロイヤルニート】小室圭が2回目の司法試験も不合格に【そもそも受験していないと言われる理由】

ニュース記事小室圭

スポンサードリンク



まさかの税金でニート生活突入か。

何かと世間をお騒がせをする秋篠宮家の長女で元皇族である小室眞子さんと結婚した小室圭。

弁護士を目指していると散々報道されたが、今でに合格という報道はなく、それどころか直近でニューヨークで受けた2回目の司法試験も落ちてしまったと話題に。

「ロイヤルニート」ともネタにされる始末だが、ワンチャン受験していないんじゃね?みたいな受験バックレ疑惑も出るほどの始末だが、ここではロイヤルニートへまっしぐらの小室圭の司法試験不合格報道についてまとめていく。

スポンサードリンク


小室圭2回目のニューヨークでの司法試験の結果は不合格か

小室圭2 - 【ロイヤルニート】小室圭が2回目の司法試験も不合格に【そもそも受験していないと言われる理由】

報道各社からニュースにされているが、何かと世間をお騒がせをする秋篠宮家の長女で元皇族である小室眞子さんと結婚した小室圭がまさかの2回目の司法試験不合格になったようだ。

2022年2月22、23日に行われた米ニューヨーク州司法試験を受験した小室圭だが、日本時間の2022年4月15日に合格者リストが公開。

しかし、「K」の欄に、「KEI KOMURO」という文字はなく不合格になったようだ。

スクリーンショット 2022 04 15 22.42.20 618x1024 - 【ロイヤルニート】小室圭が2回目の司法試験も不合格に【そもそも受験していないと言われる理由】

ちなみに、今回の試験については、合計3068人が受験し、1378人が合格。試験は計400点中266点を取れば合格できるというもので、全体の合格率は45%という二人に一人は受かるような試験で落ちるという内容というのもあり、現在もネタにされている。

ワンチャン小室圭は韓国人説も出ていることから「KOMURO」ではなく「Chomuro」と書いた可能性もあるが、報道を見る限りはそれはなさそうだ。

そもそも小室圭は司法試験を受けていない説

こんな調子なので、そもそも小室圭は司法試験を受けていないのでは?というまさかの「小室圭受験行っていない説」まで浮上する始末。

以前の試験の際にも、大学は卒業できていない・受験資格はないなどと言われてきた小室圭で2月の試験の際は、試験会場で写真を撮られているがカモフラージュしており、別人などでは?と疑われている。

54608117 10548061 Komuro also showed off an edgy new look with his normally croppe a 59 1645724709652 - 【ロイヤルニート】小室圭が2回目の司法試験も不合格に【そもそも受験していないと言われる理由】

その理由が以下の通り。

・キャッチしたのはデイリーメールだけ

・ユーチューバーが張り込みしていたが見つけられなかった

・1日目キャッチされたのは試験終了時間

・2日目はコーヒーを買う昼休みだけ

・コーヒーは試験会場持ち込み禁止

・会場は競技場でお昼休みは警備員もおらず一般人出入り可能

・リストバンドをつけていない

まず、上記の小室圭とされている人物の画像はデイリーメールが撮影したもので、この一社しか報道されていない。

また、YouTuberが張り込みしていたようだが見つけられなかったとも語っている。そのため、小室圭がデイリーメールにあらかじめ教えていて、あえて受験したように思わせる写真を撮らせたという説まで出ている。

さらに1日目は終了時間にキャッチされており、試験会場に入る姿であればまだわかるが、終了時間に撮影というのも不可解であり、試験会場近くの店でコーヒーを買っていた2日目昼休みに撮影されたものについても、そもそも論試験会場にコーヒーは持ち込み禁止なのだったそうだ。

そして、会場は競技場でお昼は特に警備員もおらず一般人でも出入り可能なのだとか。

さらに受験生の資格であるリストバンドを上記の小室圭とされている人物は付けていなかったことから受験していないのでは?と言われている。

FMen5f0VcAAdD0G - 【ロイヤルニート】小室圭が2回目の司法試験も不合格に【そもそも受験していないと言われる理由】

そしてロイヤルニートへ

小室圭が不合格だった場合、以下のことが不安視されている。

現在勤務している法律事務所の雇用
ビザの状況

小室圭は学生ビザでニューヨークに滞在しているとされているが、早ければ5月に期限切れとなってしまい、強制的に帰国せざるを得ない状況になる事態になる可能性が出てくる。

がしかし、元皇族の小室眞子さんが最近になってマンハッタンのメトロポリタン美術館(MET)に勤め始めたという話もあり、小室圭は就労ビザを持っていない場合は眞子さんの「配偶者ビザ」を取得することで、強制帰国にはならずに済むが、配偶者ビザでは、アメリカに滞在することはできるものの働くことはできないことになり、文字通りロイヤルニートということで、働くことはできないが税金で雇われた警備員に守られながら生活をするということになりそうだ。

5点足りなかったので7月に再び受験か

その後また新たな報道で米国留学などを支援してきた奥野善彦弁護士に小室さんから電話連絡があり、「残念ながら落ちました。合格点に5点足りずとても無念です。次は7月に挑戦します。しっかりと頑張ります」とのやりとりがあったと伝えたようだ。

確かに惜しい結果とは思うが、その5点の重みを理解できなから落ちたんじゃね?と思ってしまう。皇族と結婚した身分だからせめて定職にはなんとか就いてほしいところ。

 

ニュース記事小室圭

Posted by メソマ@管理人