【衝撃】中田翔が巨人と無償トレード!1軍で出場するなら守備位置はどこになるか?【ファーストか外野でポジション争い予想】

2021年8月20日ニュース記事中田翔

スポンサードリンク



4921985bfa226f6a5f84effa5f27e1f0 1 - 【衝撃】中田翔が巨人と無償トレード!1軍で出場するなら守備位置はどこになるか?【ファーストか外野でポジション争い予想】

2021年8月4日のDeNAの試合前にチームメイトである井口和朋選手に暴行したことで無期限試合出場停止の処分を受けた中田翔選手ですが、2021年8月20日に衝撃的なニュースが。

なんと、この度中田翔選手は日本ハムファイターズからプロ野球の老舗球団であり、球界の盟主である読売巨人軍(ジャイアンツ)にトレードすることが判明。

これにより、無期限試合出場停止処分を20日で解除することも合わせて発表されたのですが、試合出場する機会はあるのか?

ジャイアンツはセ・リーグに所属する球団であり、日ハムのときと違ってDH制がないため守るとしたらどこになるのでしょうか。

ここでは、中田翔の巨人移籍に伴う様々な疑問点を個人的にまとめてみる。

スポンサードリンク



中田翔が巨人に無償トレード

2021年8月20日に中田翔が巨人に無償トレードされることが発表されたのですが、日ハムファンやプロ野球ファン以外の方もビビった人は多いのではないでしょうか。

会見では濃紺のスーツを着て顎髭を剃り髪も黒く戻した姿で登場し、「今回みなさんに迷惑をかけてしまったので反省しています。本人もそうですし、ファンの皆さんを裏切ってしまったことに今は後悔であったり反省しています。すみませんでした。」と語り、その後の質疑応答では、「一からやり直す気持ちとしっかり覚悟を持ってやっていかなければいけないと思う。もちろん、そう簡単に信頼を取り戻すことはできないかもしれないけど、一から自分を見つめ直して、野球人として、人としてしっかり前に進んでいきたい」と決意を表明。

そして、お世話になった古巣「日本ハムファイターズ」については、「先輩やチームメート、ファンの皆さんに恵まれていた。自分を育ててくれたことは非常に感謝している。」と述べ、栗山監督には「監督も自分のことを考えてくれていたのでありがたかった。」などと語っています。

巨人トレードの経緯は栗山監督が巨人・原監督に電話を一本入れたことがきっかけ

中田翔が巨人に移籍するきっかけとなったのは日ハムの栗山監督が巨人の原監督に電話を一本入れたことから始まる。

 「彼と僕とは野球人としてだけでなく、人間として信頼関係があると思っていて、その栗山監督から相談を受けました。そのいきさつ等々はここで語る必要はないでしょう」

詳細は伏せたが、中田の再起を願う栗山監督の親心を強く受け止めたという。

それを受け、原監督は球団首脳に相談。中田本人の落胆と謝意は推して知るべしであり、セカンドチャンスを与えるべきだと進言した。

▶https://article.auone.jp/detail/1/6/10/202_10_r_20210820_1629429712219974

中田翔は今回の事件を深く反省し、日ハムの吉村GMに対しても深々と謝罪をしたらしく、その際に野球を辞める覚悟も伝えたらしいが、巨人側は中田翔の才能を信じてここで終わるべき選手ではないと判断しトレードに望んだとのこと。

そんな原監督とはひとりのプレーヤーを殺さず、痛みを共有することで選手として復活させたいと話をしていると報道されていました。

プロ野球OB系YouTuberも動画でお気持ち表明

この中田翔の巨人トレードのニュースを聞いて、プロ野球OBであり、現在はYouTuberとして活躍している方々も動画でお気持ちを表明していました。

■里崎智也

■高木豊

■田尾安志

一人の野球人として再起の機会を与えてくれた巨人を讃えつつ、一番の心配どころはちゃんと成績を出せるのか?ということを皆さん述べていますね。

巨人はプロ野球の中でも圧倒的にファン数が多く、打てなければ結構叩かれるので相当なプレッシャーだとは思いますが、中田翔は再起できるのでしょうか?

中田翔は巨人で再起できるのか

問題はトレードしたのはいいものの、ちゃんと再起できるのかということですね。

既存の巨人の選手とのポジション争いになると思うのですが、1軍定着できるのか?

ファーストのポジション争い

中田翔は日ハム時代ファーストを守っていたのですが、巨人ではウィーラーか中島宏之が守ることが多いです。

巨人に入団するとなると、この2人と主にポジション争いになると思うのですが、2021年度の打撃成績見ると残念ながら打率がこの2人より致命的に低いので原状は定着することは難しそう。

ただし、過去にファーストでゴールデングラブ賞を受賞している実績があるため、守備補強などでの出場機会は原状の成績ではありそう。

レフト、サード

中田翔は日ハム時代にレフトを守っていたことがあるのですが、実は2011年と2012年には外野手としてリーグ最多の補殺を記録したくらい強肩の持ち

そのため、巨人でもレフトを守る可能性があるのですが、原状梶谷隆幸選手が怪我で離脱中なので代役として出場機会はありそう。