【ネタバレ注意】Netflix実写版カウボーイビバップではエドは登場するのか?【演じたのは誰?吹替版の声の担当は?】

映画・ドラマ, アニメNetflix, カウボーイビバップ

スポンサードリンク



l yu cowboy - 【ネタバレ注意】Netflix実写版カウボーイビバップではエドは登場するのか?【演じたのは誰?吹替版の声の担当は?】

2021年11月19日(金)より日本で1998年に放送された超人気アニメ「カウボーイビバップ」の実写化ドラマがNetflixで配信されました。

アニメ版と同じく、音楽を菅野よう子さん、そしてアニメ版監督の渡辺信一郎がクリエイティブ・コンサルタントを務めたことで、かなり原作アニメファンを意識したようなスタッフを起用してNetflixの力の入れようがわかるのですが、ジャケットや俳優が公開されてからずっと「エドはどうした?」「エドがいない!」などと主要キャラの一人であるエドがいないことに対して疑問の声が上がった。

しかし、19日に公開されたカウボーイビバップなのですが、その中に予告動画では登場しなかったエドが本編にはちゃんと出ていたのですが、かなり微妙な反応となっている。

ここでは、Netflixのオリジナルドラマである実写版カウボーイビバップにてエドを演じた女優や登場に対する反応についてまとめている。

スポンサードリンク



Netflixオリジナルドラマである実写版カウボーイビバップが配信開始

スクリーンショット 2021 11 23 23.16.12 - 【ネタバレ注意】Netflix実写版カウボーイビバップではエドは登場するのか?【演じたのは誰?吹替版の声の担当は?】

2021年11月19日(金)より日本で1998年に放送された超人気アニメ「カウボーイビバップ」の実写化ドラマがNetflixで配信されました。

本来なら、2020年の配信が予定されていたのですが、主人公スパイクを演じるジョン・チョーの撮影中の怪我やパンデミックの影響で2021年11月まで配信開始が遅れることになったのですが、本編が配信されてからも評判はなかなか微妙なもののようだ。

音楽を菅野よう子さん、そしてアニメ版監督の渡辺信一郎がクリエイティブ・コンサルタントに起用するなど原作ファンを意識しているのは伝わっているのですが、日本よりも海外ファンが多い本作品だけにNetflix本国であるアメリカを中心になかなか酷評するような声が多く、実際に海外のYouTuberの中でも「Netflix Cowboy Bebop Is Bad」というストレートなタイトルで酷評しているような方も見受けられてた。

私も全話視聴しましたが、アニメファンからするとカウボーイビバップの実写化と言うよりも、キル・ビルを意識したアクション映画って感じでした。

141169 01 - 【ネタバレ注意】Netflix実写版カウボーイビバップではエドは登場するのか?【演じたのは誰?吹替版の声の担当は?】

まぁ話を本題に戻して、気になるのは原作アニメで人気キャラだったエドが予告・キービジュアルの段階で登場していなかったのですが、本編には登場しているのかということ。

原作ファンにとっては、エドが登場するかどうか自体が重大なネタバレ要素であるため、実写化にエドが登場したのかどうなのか気になっていて特にネタバレを気にしない方のみ御覧ください。

【ネタバレ注意】Netflixの実写版カウボーイビバップにエドは登場したのか

実写版カウボーイビバップが公開されて既に4日も経っているので既にドラマを見た人も多いだろうが、ネタバレするとエドはちゃんと登場します。

それも、日本語吹き替え版では原作アニメでエドの声を担当した多田葵さんが担当しており、当時と変わらない声を披露している。

fLTw6mGB 400x400 - 【ネタバレ注意】Netflix実写版カウボーイビバップではエドは登場するのか?【演じたのは誰?吹替版の声の担当は?】

※画像は本人Twitterアイコンより引用

姿を見せたのは10話のエンディング後、ジュリアに撃たれたスパイクが海に落下して街をさまよっていてその途中で倒れた後に最後に挿した光がエドの登場だった。

実写版カウボーイビバップではエド登場を匂わせており、最初は第6話「バイナリー・ツーステップ」にてジェットにドクター・ロンデスの情報を送ってきた人物の名前が「ラディカル・エド」となっている。

エドは原作アニメでも「ラディカルエドワード」というで天才ハッカーとして活動しており、この時点でジェットに怪しい情報を送ってきたのはエドとわかった人も多く、エドは登場すると確信したファンも多かったことだろう。

ただ、6話以降ダラダラとした展開が続き、「あれ?キービジュアルにもいなかったし、このままエド出ないんじゃね?」って思った方もいると思いますが、最終回第10話「スーパーノヴァ交響曲」のエンディング後に登場。

FEk0MOAUYAQB4Kj - 【ネタバレ注意】Netflix実写版カウボーイビバップではエドは登場するのか?【演じたのは誰?吹替版の声の担当は?】

最終回ではフェイ・バレンタインがコールドスリープ前の自分の過去を見つけ出すためにチームを離れ、ジェットは娘を危険に晒したことからスパイクに別れを告げる。

その後、ジュリアに撃たれた手負いのスパイクが路地裏で倒れ込んだ際に、スパイクの名前を日本語吹き替えなら聞き覚えのある声で叫ぶ声がきこえてくるのですが、スパイクの視点からは赤髪にゴーグルをかけた人物とその背後に犬のアインが映っている。

スパイクは自分はもうスパイクではないと反論するが、エドは原作アニメと同じく陽気な声で賞金稼ぎと認識しており、スパイクに賞金首を捕まえる仕事を提供。

「バタフライマン」という大物を捕まえなければいけないというが、エドは次に「ボラージュ」という人物の名前を挙げ、バタフライマンがボラージュであることを示唆する。

ボラージュとは、劇場版である2001年に公開された映画「カウボーイビバップ 天国の扉」に登場したヴィンセント・ボラージュのことだとは思うが、もしかするとシーズン2にてアニメ後半部分と劇場版を交えた話を制作することを匂わせているかと予想。

なお、最終回のみ最後に表示されるメッセージがこれまでの「スペース・カウボーイ」から、「スペース・カウガール」と変更されているため、エドが仲間に入ったあとの4人体制になったシーズン2を作る気満々と思われる。

実写版カウボーイビバップのエドを演じたのは誰なのか

日本語吹き替えでは原作アニメと同じく多田葵さんがエドを担当したのですが、肝心の俳優は誰が務めているのか?

エドを演じた俳優(女優)はエデン・パーキンス

実写版エドを演じた俳優(女優)はエデン・パーキンスさん

配信当日にNetflix公式アカウントの一つであるNetflix Geekedはエド役としてエデン・パーキンスを紹介する以下のツイートを投稿。

航行されたツイートには部屋の奥で原作アニメのエドのように手足を伸ばしてポーズを取るエデン・パーキンスの姿が映し出されている。

なお、Netflix Geekedは俳優のエデン・パーキンスを紹介するにあたり、性別(ジェンダー)に配慮してか「they/them」と表記している。

これはアメリカで最近蔓延しているノンバイナリーと呼ばれる、自身の性自認・性表現に「男性」「女性」といった枠組みをあてはめようとしないという、男性か女性の二択のみの枠組みで区別するなと言う訳のわからない考えを持った奴らに配慮するという風潮があり、それにNetflixも屈した形になりますね。

勝手にノンバイナリー扱いされているがエドの性別は女です

こんな感じで、Netflixでは勝手にノンバイナリー扱いをして、属に言うノイジーマイノリティ(声高な少数派)に配慮した形だが、公式的にはエドの性別は女となっている。

スクリーンショット 2021 11 23 23.50.52 - 【ネタバレ注意】Netflix実写版カウボーイビバップではエドは登場するのか?【演じたのは誰?吹替版の声の担当は?】

このようにアニメ本編でも「I’m a girl(私は女の子)」という台詞があるように、名前こそ男っぽいがエドはちゃんとした女の子なのは覚えておこう。