【真相】三崎優太(青汁王子)が自殺未遂?自宅マンションから緊急搬送されたのは青汁劇場の演出説も

Youtuber・配信者三崎優太,青汁王子

スポンサードリンク



【真相】三崎優太(青汁王子)が自殺未遂?自宅マンションから緊急搬送されたのは青汁劇場の演出説も

青汁王子は病んでいた…?

2022年5月20日未明、青汁王子こと実業家の三崎優太氏が東京都内の自宅マンションから救急搬送されたことが報道された。

「救急車や消防車、パトカーが何台も来て、ものものしい雰囲気に包まれていた」と目撃者が語っているのだが、パトカーも来ていることから何かの事件かと思いきや、ニュースを見ると自殺などが原因の場合に記載される「日本いのちの電話」への連絡先が書かれていたことから、青汁王子も自殺未遂をしたのか?という憶測が立っている。

がしかし、それと同時に一連の出来事は青汁劇場であり、かなり話を盛って注目を集めているだけなのでは?と唱えるYouTuberもいるのだが、果たして真相は?

ここでは、青汁王子こと三崎優太氏の緊急搬送の報道についてまとめていく。

スポンサードリンク


青汁王子こと三崎優太が渋谷の自宅マンションから緊急搬送


2022年5月20日未明、青汁王子こと実業家の三崎優太氏が東京都内の自宅マンションから救急搬送されたことが報道された。

「救急車や消防車、パトカーが何台も来て、ものものしい雰囲気に包まれていた」と目撃者が語っているのだが、パトカーも来ていることから何かの事件かと思いきや、ニュースを見ると自殺などが原因の場合に記載される「日本いのちの電話」への連絡先が書かれていたことから、青汁王子も自殺未遂をしたのか?という憶測が立っている。

そして、現在の時点では青汁王子が緊急搬送されたのかは不明で、事務所も「今は回答できない」とコメントしており、現状真相は不明だが、取り敢えず病院に搬送されたといことは確かのようだ。

さらに、この事件が起こる前に事実無根の情報を拡散されたことに悩んでいるようなツイートもしている。

事実無根の虚偽情報を流され警察沙汰か

2022年3月頃から特定の人物より暴力事件で同級生の頭を何十針も縫わせたや、レ○プや、暴力で退学など根も葉もない事実無根の虚偽情報を流され困っていることをツイートしている。

あまりにもしつこく、悪質性が高いため渋谷警察署の刑事課に告訴状を提出したと語っており、刑事事件として扱うとも語っているが、19日には「また今日も事実無根の情報を拡散された。警察が動いているのに何の意味もない。」と失望しているかのようなツイートをしている。

青汁劇場のための演出?

ファンから心配する声もある中で、そもそもこうなった原因の中心人物であろう「みねしましゃちょー」というYouTuberが「青汁王子の緊急搬送の真相を語ります」という動画内で以下のようなことを語っている。

要約すると、以下の通り。

・5月20日午前中にこのニュースを聞いた

・午後になってテレビ局の記者から聞いた話だと青汁王子はピンピンしているらしい

・青汁劇場であり、自作自演ではないか

・越山君と呼ばれる人物に電話して聞いた見たところ、青汁王子は周りに死ぬ死ぬと連呼していたようで、過去国税で揉めた時も言っていたらしい

・昔から青汁王子はこういうことをするようで、基本的にチキンなので身体を傷つけるようなことはしないのでは

・医療従事者に迷惑をかけていることはいかがなことか

・ちょっと前にライバー飯田会長に苦言を呈していたが、完全なブーメランではないか

こんな感じで、一連の騒動は青汁王子の演出である青汁劇場の一部であり、ただ単に注目を集めているだけなのでは?ということだ。

その後、警察の方から連絡が来たようで、青汁王子に関する動画投稿をやめるように言われたようだ。

「みねしましゃちょー」曰く、青汁王子は現在入院中のようでSNSの投稿をしないのであれば青汁王子に関する動画投稿は控えるが、青汁王子がYouTubeやTwitter、インスタいずれかで一文字でも投稿したり、何かしらの動きがあれば再び投稿すると語っている。

そもそもこの人物こそ青汁王子に粘着し困らせていた人物そのものであり、どこまで本当なのは真相は怪しいところが非常に多く、信憑性に欠けるということは留意しておこう。

ただ、コメント欄を見てみると、この方の話を信じている人が非常に多く、中にはサンクス機能を使って投げ銭をする人も。

真相は現在も不明だが、これだけ事実無根で虚偽とされていることを信じている人がいるとすると精神病んでしまうのはなんとなく分かる。

ディレクターが証言「搬送時は昏睡状態だった」

東スポによると、搬送時は昏睡状態だったと語られている。

現場に立ち会った三崎氏のユーチューブチャンネルを担当するディレクターの証言によると以下の通り。

「書斎で泡を吹いた状態で倒れていました。お酒や100錠近い錠剤が散らかっていて…。脈がギリギリの昏睡状態で、すぐさま救急隊に応急処置して、病院の方でなんとかしてくれて…」(A氏)  緊急入院した三崎氏の意識が戻ったのは、約12時間後の20日午後になってから。幸い、命に別状はないというが、自宅に戻り面会謝絶状態だという。

https://news.yahoo.co.jp/articles/bca4a491933129f9fb777c94a5c47d34fc51e302

一時は昏睡状態で危なかったらしいが、12時間後くらいに意識が戻ったようだ。

幸い命には別状はなかったようだが、まだ精神的に来ているようで面会謝絶状態で、今後も今まで通り活動できるかどうかは危うそうな状態だとは伺える。

今回の騒動で一石を投じたかった・誹謗中傷の厳罰化のためか

その後意識を取り戻した青汁王子だが、東スポが取材に行ったようで以下のようなことを語っている。

「自分のことだったら我慢すればいいが、地元の(北海道)北見にまで訪れ、妊娠している妹の過去や家族のことまで誹謗中傷して、明らかに異常」と精神的に折れてしまったという。

遺書の最後には「自分の命を持ってでも誹謗中傷に対する法改正がより加速し、厳罰化が進み、そして誹謗中傷で苦しむ人が減ってくれることを願っています。自分の人生に悔いはありません」とまでつづっていた。

「ユーチューブというプラットフォームに1日2本以上、事実無根の動画を流された。何か月にわたって、SOSを出しても対応してくれない。誹謗中傷地獄から抜け出すために僕ができる選択肢はこれしかなかった。一石を投じたかった」と声を絞り出した。

■引用:https://news.yahoo.co.jp/articles/ab5224147c3b9f446bed4aa6c5b6f7691316ffb3

と、「みねしましゃちょー」と取り巻きに執拗な攻撃を加えられたため、相当精神的に参ったそう。

そのため、自分のような誹謗中傷に苦しむ人が減ることや、自分が自殺未遂をすることで法改正が進んで厳罰化が進むことを願っての行動であり、YouTube運営や警察側も何も対応してくれないことから、これしかなかったと語っている。

私達一般人はそんな誰かに必要に付きまとわれることはそうそう経験することはないだろうし、そんな誹謗中傷が引っ切り無しにくるという環境に置かれているのは稀だろう。

そのため、おそらく私達の想像以上に青汁王子は精神的に来ていたことは想像に難くないが、一刻も早くこういった誹謗中傷による被害が減ることを願うばかり。

というか、ツナマヨ民みたないどうしようもないイナゴも中にはいるので、現代のネット環境にあった法律を整備すべきだよなぁ。