スポンサードリンク

【放送事故】カンテレ「競馬BEAT」がオークスのレース中にCMを入れ炎上【フジテレビは無関係】

ニュース記事ウマ娘, オークス, 競馬BEAT

スポンサードリンク



もっと配慮はできなかったのか。

2022年5月22日に開催された競馬のレースでもGIと格式の高いレースの一つである「優駿牝馬(オークス)」。

5月22日に行われたレースでは、スタート直前になって馬番5番のサウンドビバーチェが他馬に蹴られて放馬し左回りのコースを逆走する形でしばらくターフを駆けるというアクシデントが発生。

そのため、レース自体予定時刻を大幅に過ぎてしまったのだが、この影響で競馬中継をしていたカンテレの競馬番組「競馬BEAT」では、レース中にCMを入れるという放送事故が発生。

スポンサーがいるテレビ番組的には仕方のなかったことなのかもしれないが、このレース中にCMを入れるという行為で競馬中継を見ていた人たちからは批判の声が続出。

ここでは、カンテレの競馬番組「競馬BEAT」におけるレース中継を中断してCMを流した放送事故についてまとめていく。

スポンサードリンク


カンテレ競馬番組「競馬BEAT」の優駿牝馬(オークス)中継で放送事故

FTVKCpiUEAc885E 1024x576 - 【放送事故】カンテレ「競馬BEAT」がオークスのレース中にCMを入れ炎上【フジテレビは無関係】

2022年5月22日に開催された競馬のレースでもGIと格式の高いレースの一つである「優駿牝馬(オークス)」。

G1レースだけにウマ娘プリティーダービーでも、マニーが配られ、公式ツイッターアカウントからは専用のイラストが投稿されるなど、いつもどおり盛り上がりを見せたのだが、ここでハプニングが。

レース直前になり、5番のサウンドビバーチェがスタート前に放馬するというハプニングが発生し、捕獲するのに時間がかかり10分以上遅れてゲートイン。

この影響からかカンテレではレース中にCMが入り、ゴールまで中継できないという放送事故が発生し「レース中」がトレンド入りするなど、叩かれた。

カンテレ「競馬BEAT」実際の放送事故映像

実際の放送事故映像がこちら。

レース中盤くらいにCMを入れるという暴挙で、CMが終わる頃には、18番のルメール騎手が乗ったスターズオンアースがゴールを迎えた瞬間が写っていた。

視聴者の実際の声・反応

このような感じで、レース中になんでCM流すんだよwという至極まっとうな意見が多い。

カンテレ「競馬BEAT」は東海テレビでフジテレビではない

同じタイミングで放送されたいたフジテレビ系列のメンタリストではないDAIGOが出演している「みんなのKEIBA」ではCMを挟むことなく、アクシデントの一部始終やレースのスタートからゴールまでちゃんと放送された。他の競馬場で行われたレースの払い戻しの結果をすごい早口で伝えている途中で放送は終わったのだが、オークス自体最後まで中継しているのでこちらは批判は出ていない。

だがしかし、一部で競馬BEATをフジテレビ系列と思い込んで、フジテレビ側にクレームが入っているということを聞くが、競馬BEATは東海テレビ制作なので、フジテレビは関係ない。