【動画】NHK党・立花孝志が報道ステーションで放送事故・言論統制ではと炎上【テレビ朝日】

ニュース記事NHK党,報道ステーション,放送事故,立花孝志

スポンサードリンク



言いたいことも言えない世の中じゃ…POISON。

2022年6月16日に放送されたテレ朝系の報道番組である「報道ステーション」。

報道番組の中でも長い歴史を誇り、数多くの名司会者が番組を取り仕切っているのだが、そんな番組で放送事故が起きた。

というのも、番組内で参院選が近いため党首討論という企画がされたのだが、その中で安全保障に関する話題になった際にNHK党の立花孝志党首が全く関係ないことを言い出し、司会である元NHKの大越アナウンサーが何度も注意を促し、最終的に「映す価値なし」となり、番組内から姿を消されたというもの。

ここでは、NHK党党首の報道ステーション内での放送事故の動画や、その後にYouTubeで配信されたプロデューサーとの音声をまとめていく。

スポンサードリンク


【動画】報道ステーションでNHK党党首・立花孝志が姿を消す放送事故

【動画】NHK党・立花孝志が報道ステーションで放送事故・言論統制ではと炎上【テレビ朝日】

2022年6月16日に放送されたテレ朝系の報道番組である「報道ステーション」。

報道番組の中でも長い歴史を誇り、数多くの名司会者が番組を取り仕切っているのだが、そんな番組で放送事故が起きた。

実際の動画がこちら。

立花孝志党首は「テレビは核兵器に勝る武器です。テレビは国民を洗脳する装置です。テレビは国民が知るべき真実を隠しています。本日お昼過ぎ、テレビ朝日のプロデューサーの方からお手紙を頂戴しました。お手紙には”テーマから逸脱する発言は控えていただくようお願いいたします。万が一そのような発言があった場合は然るべく対応をさせて頂く場合があるとご承知おきください。」という内容の手紙が来たことを放送内で語った。

それを聞いた司会である元NHKの大越アナウンサーが「おっしゃるとおり認められません。発言を止めてください。」と強い口調で注意したのだが、それでも安全保障とは関係ない話題を話す立花孝志党首に対して、「ここで発言を打ち切らせていただきます。」と強制的に立花孝志党首の発言を打ち切り、その後立花孝志党首は番組内から退席したというもの。

一応国政政党の党首である人物が画面外から姿を消したことで、Twitterでもトレンド入りするなど話題を呼んでいる。

自身のYouTubeチャンネルでプロデューサーとのやり取りを晒す立花孝志党首

放送終了後、立花孝志党首は自身のYouTubeチャンネルでテレビ朝日のプロデューサーとの電話のやり取りを晒した。

一応言論統制の証拠として晒したのだが、反応は様々だ。

テレビ番組は放送時間が限られているため、ある程度は仕方ないことだとは思うが、予め出演者に対してこういう発言をしろとか控えるというお願いをしているという生の音声がこうやって晒されたのは、思っている以上にテレビ番組は予定調和で成り立っているという事実が知れたことになり、ある種大きな成果だろう。

放送事故に対しての様々な反応

基本的に立花孝志党首への批判よりも、こうやってプロデューサーとの意にそぐわない発言をさせないテレビ側への批判が多い。

特に元NHKの大越アナウンサーの番組の仕切り方に対しての批判が結構目立つ。

言論統制放送事故でテレビ=洗脳装置か

今回の放送事故で立花孝志党首が述べていたとおり、皮肉にもテレビ=洗脳装置ということを裏付けてしまう結果になってしまったとは思う。

もちろん、安全保障の話題で全く関係のないことをしゃべりだす立花孝志氏に批判が集まるのも無理はないが、それ以上にテレビ側を叩く声が多い印象だ。