【炎上】メンタリストDaiGoがホームレス・生活保護受給者への差別発言で謝罪動画公開へ【過去の問題発言・炎上商法疑惑も】

2021年8月14日Youtuber, ニュース記事メンタリストDaiGo, 炎上

スポンサードリンク



daigo - 【炎上】メンタリストDaiGoがホームレス・生活保護受給者への差別発言で謝罪動画公開へ【過去の問題発言・炎上商法疑惑も】

自分のメンタルは制御できなかったメンタリストDaiGo。

2021年8月に自身が運営するYouTubeチャンネルでホームレスや生活保護を受ける人への差別発言をしてしまい、絶賛炎上中のメンタリストDaiGo。差別発言もやばいが更にTwitterでは「そんなに助けたければ寄付すればいいじゃん」とツイートし、火に油を注ぐ結果に。

さすがに山火事レベルの災害になってしまったためか、8月13日・14日に謝罪動画を上げることとなったのですが、厚生労働省が異例のメッセージを出すまでに発展したためまだまだ鎮火には程遠いでしょう。

そんな絶賛炎上中のメンタリストDaiGoなのですが、今回の発言は氷山の一角であり、過去にも問題発言でプチ炎上になったことも。未成年の淫行について発言や喫煙者への批判など、さまざまな炎上発言がありました。

ここでは、ホームレス・生活保護受給者の炎上の他に、過去に行ったちょっとやばいんじゃな?と思われる行いをまとめていきます。

スポンサードリンク



【炎上】メンタリストDaiGoのホームレス・生活保護受給者への差別発言

スクリーンショット 2021 08 14 19.52.43 - 【炎上】メンタリストDaiGoがホームレス・生活保護受給者への差別発言で謝罪動画公開へ【過去の問題発言・炎上商法疑惑も】

事の発端は8月7日。メンタリストDaiGoは自身のYouTubeチャンネルで、『【超激辛】科学的にバッサリ斬られたい人のための質疑応答 ※現在は削除済み』という配信をしたのですが、その中で以下のような発言をしました。

僕は生活保護の人たちに、お金を払うために税金を納めているわけではないからね。生活保護の人たちに食わせる金があるんだったら、猫を救ってほしいと僕は思うんで。生活保護の人、生きていても僕、得しないけど、猫はさ、生きていたら僕、得なんで。

ホームレスの命は、どうでもいい。みんな思わない? どちらかといえば、いないほうが良くない? ホームレスって。言っちゃ悪いけど、本当に言っちゃ悪いこと言いますけど、いないほうが良くない? いないほうが、だってさ、みんな確かに命は大事って思っているよ。人権もあるから。一応かたち上、大事ですよ。

邪魔だしさ、プラスにならないしさ、臭いしさ。ね。治安悪くなるし。

もともと人間は自分たちの群れにそぐわない、社会にそぐわない、群れ全体の利益にそぐわない人間を処刑してきているんですよ。だから犯罪者殺すのと同じですよ。犯罪者が社会にいると問題ですし、みんなに害があるでしょ。

見て分かる通り、生活保護のために税金を使うのなら猫のために使ってほしい、そして極めつけはホームレスはいないほうがいい。ホームレスを殺すこと=犯罪者を殺すみたいな優成思想丸出しの放送をして大炎上。

ちなみに、優成思想とは身体的・または精神的に優れた人の遺伝子を保護し、それ以外を排除するというかつてナチスドイツが他のユダヤ人やスラブ人などの他民族に対して虐殺する行為を正当化するために利用した思想であり、現在では大変危険な思考とされていて、国によっては法律で禁止されているところもあります。

このような発言以降、一般ユーザー以外にも厚生労働省や生活困窮者支援団体などの団体からも声明が発表されるなど、多方面に敵を作ってしまった結果となってしまいました。

今回の炎上で謝罪するまでの流れ

12日:弟の松丸亮吾氏が謝罪

メンタリストDaiGoは優生思想につながるという批判を受けて、12日の深夜に再び動画を投稿したのですが、「僕には猫のほうが人より大事だから、ホームレスとか生活保護の人たちにお金が回るのは、ちょっとどうなのみたいな、僕にとっては別にいなくても関係ない存在だからって言っただけ。個人の感想を言っているだけなので、謝ることではない」として、謝罪を拒否。

結果この発言が火に油を注ぐ行為になってしまい、この炎上を受けて弟の松丸亮吾氏が12日、自身のツイッター上で兄の代わりに一番最初に謝罪をしました。

元々この兄弟は兄が炎上すると、弟の松丸亮吾氏の好感度が上がるという謎の現象が起こっていたのですが、今回は特にそうですね。

13日:厚生労働省もDaiGoの発言に反応

今回の炎上を受けて、厚生労働省もTwitterでDaiGoの発言に反応。

生活保護受給者への差別的発言に対して、生活保護の申請は国民の権利です。」と強い言葉で反応しており、DaiGo氏を直接批判するような発言ではないのですが、生活保護をもらうのに遠慮はいらないみたいな内容で、人によっては勇気づけられるのではないでしょうか。

13日:1回目の謝罪動画

https://www.youtube.com/watch?v=rShG_1-tzSE&t=411s

今回の炎上はかなり大きいもので、さすがに自身が運営するサブスクリプションサービスのDラボの会員が減るリスクを考えたのかどうか定かではないですが、13日に1回目の謝罪動画を公開。

謝罪動画というものの、通常の配信通りのスタイルでどちらかというと言い訳がましい内容で高評価に対して低評価が3万と半分以上を占める結果に。

動画の内容をざっくりまとめると以下の通り。

・言い方が悪かったため謝罪します。気分を害された方すみませんでした。

・知識が足りなかった。完全に自分の落ち度。知識がないのに暴言を吐いた。

・活動は休止せず真面目に勉強しようと思い、専門家の奥田先生に既にコンタクトをとった。

・この謝罪配信の広告やスパチャはすべて慈善団体に寄付

このように自身の知識不足を反省し、スパチャや広告費はすべて慈善団体に寄付するという内容で一見反省しているように見えるのですが、この放送の内容に対して不快感を示した生活困窮者支援団体が連名で以下のような声明文を発表する。

14日:全国の生活困窮者支援団体が「メンタリストDaiGo氏のYouTube上のヘイト発言」に緊急声明

謝罪動画を上げたメンタリストDaiGoなのですが、以下の団体が動画の問題点などを指摘した緊急声明を発表。

生活保護問題対策全国会議
一般社団法人つくろい東京ファンド
新型コロナ災害緊急アクション
一般社団法人反貧困ネットワーク

声明文全文は、上記のTwitterから全文閲覧できるのですが、動画の問題点を指摘した部分を引用すると以下の通り。

ここで示された考え方は、他者を評価する基準を「頑張っている」(と自分から見える)かどうかに変えただけであり、他者の生きる権利について自分が判定できると考える傲岸さは変わりません。しかも、貧困や生活困難を社会全体で支え、生存権を保障するために、権利としての生活保護制度があることについて、根本的な理解を欠いていることに変わりがありません。少なくとも現時点においては、DaiGo氏が、自らの発言の問題点を真に自覚していると評価することはできず、その反省と謝罪は単なるポーズの域を出ていないと言わざるを得ません。

DaiGoの動画を見た人の殆どが思っていることを代弁してくれた形になりますね。

14日夜:2回目のシン・謝罪動画

メンタリストDaiGoもほかのYouTuberのブームに便乗したのか?14日に前日の謝罪動画の謝罪動画を上げました。

いつもの本棚の背景ではなく、スーツにネクタイと言った正装をして神妙なトーンで今回の炎上を受けての反省の意思を淡々と述べています。

動画内容をざっくり要約すると、以下の通り。

・前回の謝罪は単なる僕個人の反省にしかなっていないと感じて改めて謝罪するために生放送している。

・昨日知り合いを頼りに生活保護の方や家族にお話を聞いたりした。

・もし自分含め4人の兄弟を育てた母親が生活保護を受けていたら、自分の発言を見てどう感じるかということを考えた。

・母親はがんと闘病しながら育ててくれたが、もしその母が生活保護を受けている中で僕を育ててくれていたと仮定すると、僕の発言を聞いたらもちろん許せないだろうし、憎むだろうと思った。

・調べてみると苦しい状況が重なっている中で、そこから抜け出そうと必死に努力してる人もたくさんいた。僕が今生活しているよりも遥かに努力されてる方がいっぱいいた。

・普段の放送で何かから抜け出すために努力してる人は評価されるべきだと普段から言っている鬼、そういった可能性すら否定するような自分の発言は無意味であり差別的でありヘイトスピーチであり、人としてあってはいけない行為だと思いました。

・過去に自分をいじめていた人たちが投げた言葉と全く同じことを言っていた。

・今後は、僕と同じような考えを持つ人を一人でも減らせるように活動を改めていきたい。

と語っており、前回とは違ってちゃんと自分以外の人に対しても反省の意を示しています。

今回の動画は低評価も全体の1/4と低めであり、今後再びやらかさなければ鎮火するとかな?とは思います。

ただ、普段人に対して自己啓発的な動画を上げている人が、自分自身の管理ができていないと判明してしまったため、今後の態度次第ですがDラボの運営はちょっとしばらくは厳しいのでは?と思っています。

…と思ったけど低評価も多いのですが、以外に高評価も多いので、一度成功すると一定数の信者は囲えるので信者が目から冷めない限り安泰なのかな?

メンタリストDaiGo氏の過去の炎上・問題発言

今回派手に炎上しているのですが、メンタリストDaiGoはこれまでも炎上しそうな強気な発言をしており、いつかはこのように燃え広がると思っていました。

そんなメンタリストDaiGo氏の過去の問題発言がこちら。

喫煙者への批判で炎上

2020年4月には、国際結核肺疾患連合がたばこ会社にたばこの製造や販売禁止などの提言をしたところDaigoは賛同したのですが、その際の喫煙者への批判が辛辣で炎上。

一応研究データも提示しており、内容的には割と正論な気がしますが、言い方があれだったためどこか喉に骨が突っかかるような感じでスッキリしない感じですね。

ちなみに、この発言以降フォロワー数・YouTube登録者数・ニコ生会員数が軒並み増加したようだ。

おそらくなのですが、京アニの件を含めてこのような強気な発言が支持されてしまい、強気な発言をすれば数字が増えることとなり結果的に調子に乗るようになってしまい今回の大炎上につながったのでは?と要因の一つであると考えられます。

全裸に見える衝撃写真を投稿

2020年5月には全裸と思われる写真を自身ツイッターに投稿。物議を醸しだしました。

この写真が撮影されたのは日本ではなくヨーロッパだったとのことなのですが、なんでこのような意味不明な写真を投稿したのかが謎。

「高額納税者が税金の使い方を決めるべき」発言で炎上

その後2020年10月には、再び強気な発言で税金の使い方について言及し炎上。

高額納税者が税金の使い方を決めるべきだという内容で、税額と税金の使い方は別の話として批判が殺到。

なお、この頃よりTwitterのリプ欄が非表示にできる機能が追加され、批判を直接リプ欄でぶら下がることを恐れたのか、これ以降リプ欄は開放されていません。

「未成年淫行は検挙されない」と発言して謝罪

そして記憶に新しいと思うのですが、つい先月も人気ユーチューバー・みきおだのみっき~の淫行疑惑を受けて「14歳から17歳っていうのは、相手の同意とかあれば普通は検挙されない」と発言し、YouTuber弁護士であるタケシ弁護士などから青少年保護条約違反に該当すると批判を受けて、謝罪に追い込まれています。

↓指摘動画

↓謝罪

ひろゆきにも言えることですが、自分の専門外の専門分野に対して浅はかな知識を披露しないほうが良さそうだ。

「安全に妊娠できる能力がない女に男は用がない」と発言

スクリーンショット 2021 08 14 21.40.50 - 【炎上】メンタリストDaiGoがホームレス・生活保護受給者への差別発言で謝罪動画公開へ【過去の問題発言・炎上商法疑惑も】

現在炎上はしていないが、つい最近も「安全に妊娠できる能力がない女に男は用がない」という発言を配信内でしていたようだ。

元々の流れは痩せすぎの女性に対してへの健康面での警告であるため、全体の流れを見ればそこまでではないと思われるが。ただし、ツイフェミは除く。

流れの一環は炎上マーケティング(炎上商法)か?

ここ最近こういう界隈の人物の炎上を耳にしますが、こういう啓発系のYouTuberは炎上を利用しようとしている節があり、実際にDaiGo氏も2回目の謝罪動画を上げるまでは「これ炎上マーケティングじゃない?」みたいな指摘も数多くあり、どこまでも金を稼ぐことに執念を燃やしているのかなぁと言う印象。

実際に炎上したあとのYouTuberを見ると、もちろん人気がガタ落ちのやつもいれば、ある程度信者を囲っているYouTuberは炎上前以上に人気になっているケースもありますよね。

2回目の動画見る限りは反省しているように見えますが、信者のコメント見ると擁護するコメントが非常に多く、こういったケースは炎上後再び人気になることが多い気がする。あくまで主観ですが。