【陰謀論】京王線無差別刺傷事件にクライシスアクターの宮本晴代が映り込みで実は仕組まれていた事件か【ヤラセはデマの可能性も】

2021年11月2日ニュース記事京王線無差別刺傷事件, 宮本晴代

スポンサードリンク



今回はガチ陰謀論を紹介する。

2021年10月31日に京王線内で発生した非情に残忍な京王線無差別刺傷事件。

アメコミの「バットマン」の敵役であるジョーカーのコスプレをした服部恭太容疑者が72歳の男性会社員の右胸を刃渡り30cmほどのナイフでいきなり刺し、さらに6両目に移りライターオイルをまき火を放ったことで床や座席が焼け、車内に火災が発生。

10代~60代の男女16人が、液体をかけられ目の痛みを訴えるなどして病院に搬送されたという無差別テロなのですが、Twitterでは陰謀論が起こっている。

というのも、その京王線無差別刺傷事件当時に、テレビなどでよく見るクライシスアクターの宮本晴代さんと思われる方が車両に偶然に合わせており、映像に写っている。

そのため、この京王線無差別刺傷事件は仕組まれたヤラセなのでは?という声が上がっているが、果たして本当なのだろうかということをまとめていく。

スポンサードリンク



10月31日夜20時頃に発生した京王線無差別刺傷事件

スクリーンショット 2021 11 02 14.02.52 1024x550 - 【陰謀論】京王線無差別刺傷事件にクライシスアクターの宮本晴代が映り込みで実は仕組まれていた事件か【ヤラセはデマの可能性も】

10月31日夜20時頃に発生した京王線無差別刺傷事件。

アメコミの「バットマン」の敵役であるジョーカーのコスプレをした服部恭太容疑者が72歳の男性会社員の右胸を刃渡り30cmほどのナイフでいきなり刺し、さらに6両目に移りライターオイルをまき火を放ったことで床や座席が焼け、車内に火災が発生。10代~60代の男女16人が、液体をかけられ目の痛みを訴えるなどして病院に搬送されたという無差別テロなのですが、続報が入り刺された72歳の男性は一時重体になったようだが一命をとりとめた模様。

このような無差別テロの中でも幸いにも死者が出なかったことで、服部恭太容疑者の計画は頓挫するという結果でこれ以上酷いことにはならなかったのですが、ここで陰謀論が起こっている。

というのも、服部恭太容疑者が6両目に放火したことで床や座席が焼けてそこから逃げ惑う様子を撮影した映像の中で、宮本晴代さんと思われるクライシスアクターと呼ばれる方が写っていることからこれは仕組まれた事件なのでは?という声が上がっている。

京王線無差別刺傷事件はやらせ?クライシスアクターの宮本晴代が映り込み

宮本晴代2 - 【陰謀論】京王線無差別刺傷事件にクライシスアクターの宮本晴代が映り込みで実は仕組まれていた事件か【ヤラセはデマの可能性も】

上記の画像はテレビなどによく出演しているクライシスアクター・宮本晴代さん。

時にはNY支局として、特には看護師、時にはそこら辺にいる若者に扮してインタビューに答えるというテレビにおける印象操作を行うために主に動員されるのですが、その宮本晴代さんと思われる方が事件当時の京王線の車両に写っていると一部騒がれている。

宮本晴代 - 【陰謀論】京王線無差別刺傷事件にクライシスアクターの宮本晴代が映り込みで実は仕組まれていた事件か【ヤラセはデマの可能性も】

上の画像はNYで撮影されたもので、 下の画像は京王線刺傷事件で映り込んだとされる宮本晴代さんです。

そのため、クライシスアクターである宮本晴代さんと思われる方が写り込んでいることからこの事件そのものが”ヤラセ”なのでは?と噂されています。

クライシスアクターとは?

inbouron man - 【陰謀論】京王線無差別刺傷事件にクライシスアクターの宮本晴代が映り込みで実は仕組まれていた事件か【ヤラセはデマの可能性も】

ここでクライシスアクターとはどんなものか説明する。

クライシスアクターの本来の意味としては、救急隊員や消防隊員、警察官などの訓練のため、災害・事件の被害者役として防災訓練に参加する俳優、ボランティアなどの人物のことを指します。

しかし、陰謀論的に言うとこういった大きなテロ事件などで被害者と報道される人物は実は政府などが用意した役者であり、俗に言う「偽旗作戦」の一環として政府による監視拡大、銃規制、他国への軍事行動を正当化するなどの目的で行うために動員されるという役割を持つ。

街頭インタビューなどで1人何役もこなし、あるときはCAだったり、ある時は学生だったりと役割や職業、身分を事件ごとに変えて印象操作するためによく使われます。

こういった都合のいい情報を流すための手法は昔から行われてきたことですが、近年SNSなどのネット環境の普及で、すぐにバレてしまう時代になってきて、今回の京王線の事件もまさか映像で宮本晴代さんと思われる方が写って話題になるとは思っていなかったでしょう。

宮本晴代とは?

そして、このクライシスアクターの中でも有名なのが、今回名前が上がっている宮本晴代さん。

宮本晴代23 - 【陰謀論】京王線無差別刺傷事件にクライシスアクターの宮本晴代が映り込みで実は仕組まれていた事件か【ヤラセはデマの可能性も】

2020年以降、「コロナの恐怖を煽るプロパガンダ」的役割を担う人物としてTwitterで有名な存在です。

テレビ番組ごとに看護師として出演したり、CAだったり、NY特派員としてコロナワクチン接種状況を伝えコロナワクチンを打ちたいと思わせるように仕向け、政府の最大の目的である「ワクチン接種」を誘導するような役を演じているというわけです。

京王線無差別刺傷事件はヤラセで仕組まれたものなのか

2021年10月31日はハロウィンでしたが、同時に第49回衆議院総選挙の日でもありました。

そのため、世論誘導のためのヤラセなのでは?という疑惑が浮上。

また、タイミング悪いことにその場に偶然NHKも居合わせており、冷静に動画を撮っていることからもヤラセ疑惑が余計に深まりました。

NHKって確か京アニのときも実はディレクターと実行犯である青葉真司とつながっているだとか色々言われていたが、また今回もか…って感じです。

疑われて可愛そうだけど、日頃偏見報道しているからまぁしょうがない。

選挙から目をそらすためか

Twitter一通りみたけど、選挙当日ということもあり、選挙から目をそらすためか?みたいな意見もありましたが、事件が起きたのは31日の夜20時であり投票時間終わってんだよね。

だから選挙関連でどうのこうのというのは、いくらなんでも無理があるのでは?とは思う。

そもそも宮本晴代さんと断定されていたわけではなく、事件後にインタビューなどに応えていればまだ信憑性は多少はありそうだが、別人の可能性だって大いにあります。

まぁこんな陰謀論あるよ−的な感じで軽く捉えておきましょう。