スポンサードリンク

【考察】佐倉綾音(あやねる)が青二プロダクションへ移籍した理由【アイム退所】

声優アイムエンタープライズ, 佐倉綾音, 青二プロダクション

スポンサードリンク



佐倉綾音 - 【考察】佐倉綾音(あやねる)が青二プロダクションへ移籍した理由【アイム退所】

2022年1月31日付けでアイムエンタープライズを退所すると発表があった人気声優で「あやねる」こと佐倉綾音(さくらあやね)さん。

そして日が明けた2月1日に青二プロダクションへの所属が発表され、オタク界隈がざわついていて、そのことが原因かもしれないが公式サイトのサーバーが落ちるという事態に発展。

青二プロダクションといえば、声優事務所の中でもかなり大手の事務所であり長年所属したアイムエンタープライズを退所してまでなぜ青二プロダクションに移籍したのか?

ここでは、佐倉綾音さんの青二プロダクションへの移籍理由を勝手に考察していく。

スポンサードリンク


佐倉綾音(あやねる)が新事務所・青二プロダクションへ移籍

2022年1月31日付けでアイムエンタープライズを退所すると発表があった人気声優で「あやねる」こと佐倉綾音(さくらあやね)さん。

長年所属したアイムエンタープライズを辞めると発表されたときも驚いたオタクが多かったと思うが、さらに2月1日で新事務所である青二プロダクションへの移籍が青二プロダクションの公式ツイッターで発表された。

同時に新しいアー写も公開され、また声優として新たな一歩を踏むことになった佐倉綾音さんですが、なぜ長年所属したアイムエンタープライズを辞めてまで移籍したのか?

佐倉綾音の移籍理由を考察

佐倉綾音さんの移籍理由は現在発表されていません。

基本的に、声優の移籍理由が明かされことは少ないですがテレビで活動される芸能人の事務所より移籍は多いと言われています。

声優以外のナレーション等の仕事をしたいためか

job seiyuu - 【考察】佐倉綾音(あやねる)が青二プロダクションへ移籍した理由【アイム退所】

声優の移籍理由はさまざまありますが、移籍理由の一つとして金銭面の待遇などの問題があるようだ。

デビューした事務所でそのまま過ごして人気声優となったととして希望の対価が得られないということもあるようです。

佐倉綾音さんは高校生の時からアイムエンタープライズに所属しており、人気声優となった現在は声優以外のナレーションなどの仕事を増やしたいがために移籍したのでは?と予想する。

実際に移籍先の青二プロダクションはナレーションの仕事にも強いと言われています。

ナレーションの仕事はアニメと比べてギャラが高く、アニメのギャラは30分尺で15000円から45000円程だが、テレビのナレーションは10万円が相場でありCMとなると100万円という額もあり得ます。

佐倉綾音さんもナレーションのお仕事が増えていたことから、より安定的にナレーションのお仕事でキャリアアップを目指したいとも考えられる。

いろいろな制約から自由になりたいためか

上はあくまでキャリアアップという理由だが、また別の理由として仕事をセーブしたいがために事務所を移籍下説もある。

実際に同じ事務所の先輩だった松岡禎丞氏も仕事を入れすぎて大変ということも語っていたようで、アイムエンタープライズのやり方・方針と合わなくなったからなのでは?という意見も。

スクリーンショット 2022 02 01 19.25.40 - 【考察】佐倉綾音(あやねる)が青二プロダクションへ移籍した理由【アイム退所】

実際に佐倉綾音さんは人気声優の中でも主役キャラはもちろんだが、脇役でも結構な数出演しており、ある程度仕事が選べそうな青二プロダクションに移ったことも可能性は0ではない。

あとは仕事バンバンこなすよりも、本当に自分がやりたい仕事、質の高い仕事をやりた買ったことも考えられる。

 

青二プロダクションへの移籍が多い理由

青二プロダクションは声優事務所の中でも大手であり、結構他の事務所からの移籍が多いのも特徴だ。

最近だとプロフィットが声優事務所としての業務を終えることから悠木碧さん、井上麻里奈さんが青二プロダクションへ移籍しています。

大手になればなるほど仕事も飛び込んできやすく、実際にベテランである岩田光央さんも2019年に移籍した青二プロダクションについて語っています。

やっぱ最大手でナンバーワンの事務所だから、仕事はいっぱいある訳ですよ。しかも非常に質の高い仕事をやらせて頂ける。

声優と夜遊び 2020年1月24日放送より

大手事務所ということで事務所内競争もありますが、その分マネージメントもしっかりしているということもありそういった環境を求めて移籍理由となる事が多いのかもしれません。

佐倉綾音の青二プロダクション移籍に対して同世代の悠木碧の反応