【日本の恥?】メイウェザーへの花束贈呈の際に花束を落としたのはごぼうの党党首・奥野卓志【炎上商法か】

Youtuber・配信者,ニュース記事メイウェザー,奥野卓志,朝倉未来

スポンサードリンク



メイウェザーへの花束贈呈の際に贈呈役の男性が花束を放り投げたことで、日本の恥として炎上中。

2022年9月25日に行なわれた『超RIZIN+RIZIN.38』のメインイベントであるRIZINのスター選手であり、YouTuberでもある朝倉未来選手と、生ける伝説であるメイウェザーとの試合。

試合結果はここでは述べないが、この試合前に起きた花束贈呈のイベント炎上騒動となっている。

問題になっているのは、メイウェザー選手への花束贈呈の際に贈呈役の男性が、メイウェザーに渡さずそのまま花束を放り投げるといった信じられない行為。

ここでは、メイウェザー選手の花束を投げ捨てたシーンの動画や画像、贈呈役の男性が誰なのか?をまとめていく。

スポンサードリンク


超RIZINでメイウェザーへの花束放り投げが炎上

2022年9月25日に行なわれた『超RIZIN+RIZIN.38』のメインイベントであるRIZINのスター選手であり、YouTuberでもある朝倉未来選手と、生ける伝説であるメイウェザーとの試合。

試合結果はここでは述べないが、この試合前に起きた花束贈呈のイベント炎上騒動となっている。

一体どういった行動なのだろうか?

メイウェザーへの花束贈呈の動画

問題になっているのは、メイウェザー選手への花束贈呈の際に贈呈役の男性が、メイウェザーに渡さずそのまま花束を放り投げるといった信じられない行為だ。

実際に動画をご覧いただこう。

該当のシーンは、試合直前の花束贈呈の時の映像であり、メイウェザー選手への花束贈呈でサングラスに和服姿で登場したどこか見覚えのある男性が登場。

【日本の恥?】メイウェザーへの花束贈呈の際に花束を落としたのはごぼうの党党首・奥野卓志【炎上商法か】

そう、この男性はあのごぼうの党・党首の奥野卓志氏だ。

奥野卓志氏はは花束を持ってメイウェザー選手に近づくと、目の前で花束を放り投げた。

【日本の恥?】メイウェザーへの花束贈呈の際に花束を落としたのはごぼうの党党首・奥野卓志【炎上商法か】

メイウェザーも「は?」みたいな表情であり、実際に会場にいた人たちや会場もドン引きする始末。どちらかというと、ザワザワ…ザワザワ…みたいな空気だった。

【日本の恥?】メイウェザーへの花束贈呈の際に花束を落としたのはごぼうの党党首・奥野卓志【炎上商法か】

その後メイウェザーは、地面に落ちた花束を拾い上げ、怒ったり動揺することなく、花束を静かに拾い上げてセコンドに手渡すという大人な対応。

【日本の恥?】メイウェザーへの花束贈呈の際に花束を落としたのはごぼうの党党首・奥野卓志【炎上商法か】

この行為に対して、ごぼうの党・党首の奥野卓志氏に対して、日本の恥として叩かれている。

超RIZINでメイウェザーの花束を投げ捨てたのは誰か

超RIZINのリング上で、メイウェザー選手の花束を投げ捨てたのは一体誰なのかと話題になっているが、果たして誰なのか?

ごぼうの党・党首の奥野卓志

上にも挙げたが、花束を放り投げた男は、ごぼうの党という政党の党首である奥野卓志氏だ。

【日本の恥?】メイウェザーへの花束贈呈の際に花束を落としたのはごぼうの党党首・奥野卓志【炎上商法か】

「ごぼうの党」の党首で、東洋ライフサービスを始めとした10社以上の会社を経営する社長という側面を持つ人物であり、先の参議院選挙にて突如現れ、ヒカルやDJ社長ともコラボしたことでも有名だ。

さらに、Abemaの討論番組で、あまりにも同じ話を繰り返していた事から、司会のテレビ朝日のアナウンサーである平石直之アナを怒らせたことでも話題だ。

奥野卓志と朝倉未来との関わり

ではなぜ、朝倉未来とメイウェザーの試合で花束を渡す役に抜擢されたのか?

実は、朝倉未来はごぼうの党のスポーツアドバイザーを務めており、そこで関係を持っていたとされる。

【炎上】メイウェザーへの花束を投げ捨てた奥野卓志に日本の恥など非難殺到

案の定、この行為は反感を買っており、あの朝倉未来の弟である朝倉海からも苦言が出ている。

さらに、ボクシング界で日本を代表する選手である井上尚弥も。


また、日本の恥がトレンド入りするなど、絶賛炎上中だ。

炎上商法疑惑

ではなぜ、このように花束贈呈の際に、花束を放り投げるという愚行を行ったのか?

一応一国の政党の党首である人物が、公の場で相手を侮辱するような行いをすることは常識的にありえないし、何よりせっかく日本に来て試合をしてくれるメイウェザーに対して失礼であるのは重々承知だが、そういった行為を行い注目を集めるという炎上商法なのでは?という声もちらほら。

現在もかなり注目を集めており、炎上商法としては一応成功部類だとは思うが、著名人からも非難する声が出ていることから、注目は集めたもののしばらくは向かい風が吹きそうだ。