【逆ギレの撮り鉄】妙見君による駅員の胸ぐら掴み事件と害悪行為まとめ【顔写真・名前・Twitterアカウント】

2021年8月24日ニュース記事妙見, 撮り鉄, 駅員の胸ぐら掴み

スポンサードリンク



densya toritetsu - 【逆ギレの撮り鉄】妙見君による駅員の胸ぐら掴み事件と害悪行為まとめ【顔写真・名前・Twitterアカウント】

まーた撮り鉄が問題を起こしたようだ。

今月前半に、江ノ電にて自転車に乗って帰宅中の男性(江ノ電自転車ニキ)に対して集団で暴言を浴びせたことで批判を集めた撮り鉄だが、8月23日にJR西日本の岸辺駅にて、注意してきた駅員さんに対して胸ぐらを掴んだとして、イキリ撮り鉄が特定され批判の的となっている。

彼のTwitterアカウントも特定されており、そこでもイキりちらしているようだが、ここではイキリ撮り鉄による駅員胸ぐら事件についてまとめている。

スポンサードリンク



イキリ撮り鉄による駅員胸ぐら事件

事の発端は8月23日のJR西日本の岸辺駅。報道によると、詳細は以下の通りだ。

JR西日本によると、この日は廃車となる列車が走るところを撮影しようと、多くの鉄道ファンが集まっていたという。このため、JR西日本では午前7時から地区駅長など応援の駅員4人をホームに待機させて、撮影の際にはルールやマナーを守るよう呼びかけていた。 しかし、廃車となる列車が岸辺駅を通りかかる寸前の7時20分過ぎに、別の電車で移動してきた20人~30人の鉄道ファンがホームに合流。そのうち1人の若い男性が、撮影場所の確保のためにベンチに乗った。警備にあたっていた地区駅長が乗客らの安全のため注意すると、若い男性が胸ぐらをつかんできたという。

https://news.yahoo.co.jp/articles/652bb2cc6fded1618b20e4f9c5156d77c29b6b89

どうやら、廃車となる車両を撮影するべく岸辺駅に撮り鉄が30人くらいホームに集結したらしいが、今回批判の的となっている一人のイキリ撮り鉄が撮影場所確保のためにベンチの上に乗ったようだ。

しかし、そいつを警備にあたっていた地区駅長が他の乗客の安全のために注意したところ、逆ギレして胸ぐらを掴んで来たようだ。

JRは被害届は出さない模様

ちなみに、このイキリ撮り鉄は注意に逆ギレはしたももの、最終的には指示に従いベンチを降りたので被害届は出さないとのこと。

確かに被害届を出すに当たっては手続きなどめんどくさいのだが、今後のために出してほしいとは思うが。

当時の様子

その場にいた撮り鉄と思われる人が動画を撮っていたようで、それが現在Twitterで拡散されています。

後ろ姿からオタクというかチー牛なんだろうなぁみたいなオーラが伝わってきますが、なぜ彼は逆ギレしてしまったのか。

胸ぐらを掴んだ撮り鉄について

この胸ぐらを掴んだ撮り鉄なのですが、Twitterアカウントや顔写真が特定されています。

名前は妙味


どうやら、このイキリ撮り鉄は妙見というチー牛キッズらしい。巷では妙見鉄と呼ばれていることも。

西日本の撮り鉄界隈では害悪な存在として以前から有名なようだ。

顔写真

スクリーンショット 2021 08 26 22.50.49 - 【逆ギレの撮り鉄】妙見君による駅員の胸ぐら掴み事件と害悪行為まとめ【顔写真・名前・Twitterアカウント】


顔写真も晒されているのですが、まぁイキリ顔だなというのはよく分かる。

こういうやつアイドルのライブ会場でも厄介として嫌われれる存在じゃん。

Twitterアカウント

彼はTwitterもやっており、2つアカウントを所持しているのですが、一つで謝罪、2つ目で問題発言していることも発覚。

■謝罪ツイート

■問題発言

やっぱ撮り鉄って頭あれなのかなぁと言われても仕方ない主張してるな。

過去にも問題行動を行っていた

E9eFsQWVUAAn TU - 【逆ギレの撮り鉄】妙見君による駅員の胸ぐら掴み事件と害悪行為まとめ【顔写真・名前・Twitterアカウント】

彼は過去に京都駅に停車中の車両に足をかけて車体にのり、中指を立てて記念撮影をしていたようです。
ターミナル駅ということもあり、多くの目撃者がおり、当時ツイッターで拡散され叩かれたことは想像に難くない。

ちなみに、この行為はめざましテレビに目を付けられテレビでその様子が流されたようで、同じ撮り鉄からも非難の声が殺到。

このように以前から問題行動を起こしていたようで、今回の事件も起きても不思議ではないとのこと。

こういう輩は近いうちに何かしらの犯罪で捕まる可能性は高い

こういうイキリ厄介キッズは、撮り鉄界隈だけではなく、アイドル・声優のライブやアニメのイベントなどでも生息しています。

過去の例では、このようにおふざけレベルでその界隈から厄介扱いされ、注目を集めることで自己承認欲求を見たしていたキッズは、例外なくその後何かしらの犯罪で逮捕されています。

ストーカーだったり、器物損壊、暴行など挙げればきりが無いですが、間違いなくこの妙見君も更生しない限り何かしらの犯罪で捕まる可能性は非常に高いと見ています。