【評判最悪】石川大我参院議員(立憲民主党所属)が救急隊員に対して恫喝行為【辞職するのか?とんねるずとは】

ニュース記事

スポンサードリンク



まだ議員やってたんかい。

過去にも国会議員であることを理由に恫喝まがいのことをしたとされる立憲民主党の石川大我参院議員が、今度は救急隊員に対して恫喝したとの報道が。

どうやら知人がコロナにかかってしまって緊急搬送しようとしたのだが、保健所の判断で緊急搬送する状態ではないと言われ、それに逆上した石川大我議員はスマホで動画を撮影し『搬送しなければ、この動画をSNSでさらすぞ!』と脅したようだ。

ここでは、立憲民主党の石川大我参院議員の恫喝疑惑やその他諸々についてまとめていく。

スポンサードリンク



立憲民主党の石川大我参院議員がまた恫喝

スクリーンショット 2021 08 17 20.54.10 - 【評判最悪】石川大我参院議員(立憲民主党所属)が救急隊員に対して恫喝行為【辞職するのか?とんねるずとは】

立憲民主党の石川大我参院議員が再び恫喝まがいの行為をしたことで話題となっている。

週刊文春の記事によると以下の通りだ。

「8月8日の夜10時半頃、新宿区のマンションに住む30代の男性A氏の知人を名乗る人物から、コロナ陽性となったA氏の救急搬送を求める119番通報が入りました。救急隊員が駆け付け、A氏の体温や血中酸素濃度を測った結果、保健所は『直ちに病院に搬送する状態ではない』と判断したのです」

そこに現れたのが石川議員だった。先に到着し、119番通報をしたA氏の知人である自身の秘書とともに、救急隊員らに猛抗議を始めたという。

「「救急隊員は『保健所の判断です』と説得したのですが、彼らの怒りは収まらず、救急隊員をスマホの動画で撮影し始めた。そして『搬送しなければ、この動画をSNSでさらすぞ!』と言って、救急搬送を強く迫ってきたのです。現場でのやり取りに関しては、消防庁に報告書として上げられています」(同前)

■引用:https://bunshun.jp/articles/-/47930

結局2回目の119番でこの知人は緊急搬送されたらしいが、保健所の判断にも関わらず現場にいた救急隊員に八つ当たりしたことで批判が上がっている。

過去には「俺は国会議員だぞ、ビビっただろう!」と警察官と衝突

実はこの石川大我議員は、過去にも似たような恫喝を行っている。

2020年3月20日の深夜、東京都新宿区新宿二丁目の路上にて警邏中のパトロールカーを動画で撮影し、制止しようとする警察官との間で騒ぎを起こしたことでも有名

近隣で開催された会合に出席したあと、かなり酔っていたようでパトカーが近くに通りかかったあとに急に撮影仕出し、撮影をやめるように促されたものの「俺は国会議員だぞ、ビビっただろう!」と警察官に対して怒鳴っていたようだ。

この時も炎上し、説明責任を問う声が1,000件以上寄せられたが現在も国会議員の椅子に座って、今度は救急隊員に対して揉め事を起こした。

警察がLGBTを狙い撃ちをしていると勘違いした結果の行動か

新宿2丁目は言わずとしれたゲイバーなどが多くLGBTの人たち御用達の街だが、当時この石川議員が揉め事を起こした際には警察の方に批判が多く寄せられたとのこと。

というのも、警察は予てより新宿2丁目を徘徊する事が多いようだが、その理由としては違法ドラッグの使用や取引が蔓延しているからということのようで、それをLGBTの人たちが「ゲイを狙い撃ちにしている」と勘違いし、そして同性愛者であることをカミングアウトしている石川大我議員はLGBT権利向上を口実に当選したのもあり、警察に対して強気に出たと思われる。

関連キーワードの「とんねるず」とは

何故か石川議員を検索してみると、関連キーワードに「とんねるず」と出てくるのだがどういうことなのだろうか?

これは、フジテレビの人気バラエティ番組「とんねるずのみなさんのおかげでした」にて、80〜90年代に流行ったキャラクター「保毛尾田保毛男(ほもおだほもお)」を復活させ、この界隈の方々が一斉にブチギレたことが発端。

石川議員以外だけではなく、100以上の団体・個人が抗議文を送るなど大炎上となり、フジテレビは番組公式サイトで謝罪文を掲載するまでに発展。

その際に、石川議員のもとには「自称とんねるずファン」からクソリプが届いたようですが、断固として戦うという意志をツイートしています。

評判は最悪で辞任を求める声も

今回の1件で「二度あることは三度ある」と思った人が多く、評判はガタ落ちで印象は最悪です。

立憲民主党所属しているのですが、この政党は国会でも人の悪口ばかりで支持率も5%以下で支持者もほとんど離れてしまうほどひどい状況ですね。

とりあえず、LGBT云々で自分たちが特権階級のように振る舞うのを辞めましょう。

というか、議員辞職しようぜ。