【放送事故動画】NHK福岡・一橋忠之アナが「なかやまきんに君」のネタにツボり原稿が読めなくなるハプニング発生

ニュース記事なかやまきんに君,一橋忠之アナ

スポンサードリンク



【放送事故動画】NHK福岡・一橋忠之アナが「なかやまきんに君」のネタにツボり原稿が読めなくなるハプニング発生

2021年12月7日のNHK福岡の夕方ニュース「ロクいち」で、一橋忠之アナがなかやまきんに君のネタにツボり次のニュースが読めなくなった放送事故が発生したことがネットで話題に。

なかやまきんに君がネタを披露したあとに次の原稿を読み上げるのですが、あまりにもツボってしまい現行が読めないというハプニングが発生したのですが、ここではNHK福岡一橋忠之アナがネタにツボってしまい次の原稿が読めなくなった放送事故についてまとめていく。

スポンサードリンク


NHK福岡「ロクいち」で一橋忠之アナウンサーが放送事故が発生。

2021年12月7日のNHK福岡の夕方ニュース「ロクいち」で、一橋忠之アナがなかやまきんに君のネタにツボり次のニュースが読めなくなった放送事故が発生したことがネットで話題に。

実際の動画はこちら。

福岡市民の安全を守りますか?守りませんか?の質問になかやまきんに君は「安全を守るのか守らないのか、どっちなんだい?」と筋肉に質問し、「まーもーるぅ!ぱわー!!!」と、いつものネタを披露。

ネタを披露後に一橋アナは次のニュースを読もうとしましたが、「次です。」から続かなくなり、喋り始めても声が裏返り、その後クスッと笑ってしまいます。

この件で、番組の最後に「先ほどはすみません。ちょっと僕笑ってしまってニュースちゃんと読めなくて本当ごめんなさい!」と謝罪。

なかやまきんに君もTwitterで反応

これに対してなかやまきんに君は上記の一橋アナがツボってしまい次の原稿が読めなくなったことについて自身のツイッターで反応

まさに、真のパワーハラスメント。

NHK福岡の一橋忠之アナウンサーについて

プロフィール

【放送事故動画】NHK福岡・一橋忠之アナが「なかやまきんに君」のネタにツボり原稿が読めなくなるハプニング発生

名前一橋 忠之(いちはし ただゆき)
生年月日1976年9月17日(2021年現在45歳)
出身地東京都足立区
血液型O型
学歴慶應義塾高校、慶應義塾大学経済学部卒業

経歴

一橋アナは慶應義塾大学経済学部卒業、1999年にNHKに入局。盛岡→東京アナウンス室→京都→東京アナウンス室→福岡という異動経歴を持ちます。

入局以来、主にスポーツアナウンサーとして活躍しています。

2012年に京都放送局へ異動し、ニュース610京いちにちのキャスターを担当。2015年に東京へ戻り、スポーツアナウンサー復帰。

ニュースウオッチ9スポーツコーナーを4年間担当し、その後2021年3月末にNHK福岡放送局へ異動。そして現在は「ロクいち!福岡」の司会を務めています。

結婚した嫁や子供

2020年5月時点で子どもは3人いることが判明。離婚の情報などもないため、嫁と幸せな家庭を築かれているのではないでしょうか。