スポンサーリンク

【炎上】コムドット平成フラミンゴ何があった?CDF出演トラブル時系列まとめ【不仲で共演NGフラグか】

Youtuber・配信者・その他インフルエンサーコムドット,平成フラミンゴ,炎上

スポンサーリンク

Z世代から人気の2グループ、仲違いか。

2023年7月27日にコムドットが主催するイベント「Creator Dream Fes ~produced by Com.~(クリエイタードリームフェス)」が東京ドームで行われる。

がしかし、このクリエイタードリームフェスを巡ってZ世代から絶大な信頼を得ている女性2人組YouTuber「平成フラミンゴ」と、度々炎上騒動を起こしているがチャンネル登録者数400万人超えの大人気YouTuberグループである「コムドット」と仲違いするような事態となっている。

このことについてコムドットのリーダーである「やまと」もツイッターで言及しており、平成フラミンゴ側も動画で取り上げるなど、双方の言い分がぶつかり合っている状態だ。

ここでは、コムドットと平成フラミンゴの間に何が起こったのかというクリエイタードリームフェスを巡る炎上騒動についてまとめていく。

【コムドットvs平成フラミンゴ】クリエイタードリームフェス出演を巡るトラブルで炎上

コムドットと平成フラミンゴ

2023年7月27日にコムドットが主催するイベント「Creator Dream Fes ~produced by Com.~(クリエイタードリームフェス)」が東京ドームで行われる。

サイバーエージェントのメディアである「Abema」がスポンサーに付くなど非常に大掛かりなイベントであり、主催のコムドットを始め、サワヤン、スカイピース、中町綾(中町兄妹)など豪華なメンツが揃うだけあって注目を集めている。

がしかし、過去にコムドットは動画内で平成フラミンゴという女2人組のYouTuberに対して出演ドッキリをして、了承を得たように思えたのだが、その後クリエイタードリームフェスの運営から不参加が発表。

そして、コムドットやまとは平成フラミンゴに対しての言及は避けつつも、イベント不参加が決まった平成フラミンゴに対して苦言を呈すようなツイートをして炎上し、その後コムドット5人で今回の騒動についての釈明動画を投稿したのだが、コムドットに対してイメージが下がった人が多かったようで、チャンネル登録者数が減少するという事態にまで発展し、イメージ回復まで時間がかかりそうだ。

コムドットやまとと平成フラミンゴに何があったのか?炎上時系列まとめ

コムドットが平成フラミンゴに対してクリエータードリームフェス出演オファー

ことの発端は、 2023/04/29に公開された「【合計5組】超豪華クリエイターに突撃して東京ドームのイベントの出演依頼してみたwwww」という動画。

1時間もあるクッッッッッッッッッッッッッッッッッッソ長い動画なのだが、コムドットが主催するイベント「Creator Dream Fes ~produced by Com.~(クリエイタードリームフェス)」に出演オファーをするという内容の動画であり、動画後半で平成フラミンゴに対して出演をオファーし、このときは承諾を得ていた。

【炎上】コムドット平成フラミンゴ何があった?CDF出演トラブル時系列まとめ【不仲で共演NGフラグか】

がしかし、これは4月時点の話であり6月に入り事態は急変する。

6月にクリエイタードリームフェスの運営から平成フラミンゴが出演しないことが告知

上記のコムドットの動画では出演を快諾したかのように思えた平成フラミンゴだが、6月13日にはクリエイタードリームフェスの運営公式ツイッターから正式に平成フラミンゴは出演しないとの告知が。

どぷやらクリエイタードリームフェスの段取りなど交渉の過程に行き違いがあったようで、コムドット側から平成フラミンゴ側の事務所に正式オファーをしていなかったとのことだ。

そして、この直後に平成フラミンゴは釈明動画を投稿。

動画の内容を簡単にまとめると…

・報告が遅くなり申し訳ない

・出たかった気持ちはあるし、楽しみにしていたし悔しい

・4月29日のコムドットの動画では確かにOKと言っていたが、本来この動画は主催者側と平成フラミンゴ及び事務所側でイベントの内容を理解した上で正式な出演依頼が成立したあとに公開される予定だったもの(コムドットがフライングして公開)

・動画内でOKと言っていたがそれは正式なオファーなのでは?と言われるがそれは正式なオファーではない。その理由は平成フラミンゴは事務所に所属しているクリエイターであるため本来イベントなどの仕事依頼は事務所を通してからちゃんと書面などで契約してからじゃないと出演できない

・がしかし上記のようなやり取りの前にコムドットがフライングして動画を上げるという情報が事務所に入り、事務所が正式な依頼があるまで動画を上げるなと運営側に通告。結果は知っての通り勝手に公開されてしまった

・そこから色々なことがあったが、もっと自分たちも確認などをしておけばよかったと反省。なんとか出演できないかと自分たちも事務所側も動いていた

・コムドットと直接やり取りをしたかったが、事務所に所属している身分であり事務所や運営を通さないと水掛け論になってしまうためクリエイター同士での話し合いは避けた

・運営からは歌を作ってそれをパフォーマンスしてほしいと言われていた

・わざわざ東京ドームに足を運んでくれたファンの方に対して急いで作った歌を中途半端に披露したくないので泣く泣く辞退することにした

・お金の問題ではないが払い戻しの対応もする

ちなみに、運営であるAbemaに対しても歌以外じゃだめなのか?と相談したようだが拒否られたようだ。

平成フラミンゴの動画を見る限りは、やはりコミュニケーション不足が否めないし、本来大きな金と人員が必要なイベントであり出演者も相応のビッグネームが集うのだからもうちょっとちゃんとやり取りをするべきだとは思う。

まぁ本人たち同士でやり取りをするなと言われていたようだが、一応絡みもある仲なんだし直接やり取りして確認すればこのようなことにはならなかったのでは?とも思う…ようはグダグダ過ぎ。

コムドットやまとのツイートが炎上

そんな中コムドットはどうなのかというと、直近までインフルエンザで入院していたため反応が遅れたようだが、リーダーであるやまとは平成フラミンゴとは明記していないものの、平成フラミンゴに向けて匂わせるような以下のツイートを投稿。

「いや、友達ならこんなSNSじゃなくて直接言えやwww」という数多くのツッコミがあるのだが、一応会社の代表であるやまとなのだが、あまりにも大人げないツイートに引用RTやリプ欄では大荒れ。

このような感じでやっていることは脅迫に近い行為であり、ガーシーなどとやってることは変わらないため、今現在もリアルタイムで批判的なコメントが耐えない状況が続いている。

コムドットが平成フラミンゴとの炎上を説明する動画を投稿

2023年7月1日、騒動の渦中にいるコムドットは以下のような動画を投稿。

チームとして話し合ってチーム合意で投稿動画のようだが、動画では以下のようなことを語っている。

・やまとは平成フラミンゴの2人と何度も連絡を取ろうとしたのだが繋がらず話し合いをしようとしたが連絡が返ってこなくなった

・運営がコムドットに連絡しないでくれといった件についてはそのような事実はないと否定

・コムドット/平成フラミンゴ/事務所/運営の4社間で話したいと運営に掛け合ってもらったが断られた

・その後平成フラミンゴに対して不信感が生まれて上記のツイートを投稿

・上記のツイートをした後に平成フラミンゴの二人と連絡が取れるようになった

・平成フラミンゴが投稿した動画の内容は世間が誤解や不信感を生む内容であったことは事実

・ただそれらの事実に対して僕らは証拠を並べて平成フラミンゴを晒し上げて立場を奪うような行為はしたなくない だって…二人は友達だから

・だからこそコムドット側ではなく平成フラミンゴの2人の方から再度アンサー動画を投稿するのがベスト

・上記のツイートの後にNICOちゃんから話がしたいと連絡が来て実際に電話した

・平成フラミンゴとコムドットの7人で話したいと提案したが拒否された

・平成フラミンゴ側はコムドット/平成フラミンゴ/事務所/運営の4社間で話したいと主張

・やまとはどうしても7人で話したかった理由として友達として本音でぶつかり合いたかったから

・その後4社間で話し合いが行われたがコムドットは平成フラミンゴの動画の間違った部分の訂正を要求したが「認識の違い」という言葉で一蹴された

・議論は平行線のままで平成フラミンゴが訂正してくれないのでコムドットが世間の誤解を解くしかなった

・証拠となるようなものは動画で晒さないと5人で話し合って決めたので本当に必要がない限り開示することはない

とまぁ25分間長々と語っているのだが、ONE PIECEとかジャンプ漫画の読みすぎじゃね?ってツッコみたくなるような内容が一部入っているのだが、遠回しに平成フラミンゴの主張に対してディスるような内容となっている。

そして、圧倒的に信者が多いコムドットなのだが、この動画のコメント欄には擁護コメントも大量にあるが、それでも…

「特大ブーメランくらってて、見てられないです」

「そんだけ責めといて、また飯行きたいとかYouTubeできてるの2人のおかげとかちょっと怖いっすよ。」

「なんでもいいから平ふらの2人がまた元気に動画投稿できるような環境作ってくれよ。」

「コムドットさんの伝えたい内容を動画3回見て、汲み取ろうと思いましたが、できませんでした…。」

「大切なファンの人たちが払ってくれたお金が関わってるんだからずるいとかないよ」

「そもそも最初のドッキリ動画を勝手にあげなければこんな事にはならなかったのでは……」

などとコムドットの態度に対して落胆する声や、そもそもちゃんと連絡していればこうならなかったなどの指摘コメントも溢れている。

平成フラミンゴへの態度でコムドットのチャンネル登録者が減少

また、一連の騒動の結果、コムドットに対して愛想つきたファンが一定数いたようで、久しぶりにコムドットのチャンネル登録者が減少しているようだ。

チャンネル登録者400万人いて、そのうちの5万人程度の減少なのだが、コムドット…特にリーダーのやまとの態度は流石に良くなかったのかと予想できる。

対称的に平成フラミンゴの方は変動がないことから、どちらを支持する声が多いかは明白であり、今度この2グループはどうなるのか。