【引退】黒瀬深=Dr.ナイフ同一人物説は本当なのか?FLASHにバラされた経歴などの個人情報・プロフィールまとめ

ニュース記事Dr.ナイフ, 黒瀬深

スポンサードリンク



kurosehuka - 【引退】黒瀬深=Dr.ナイフ同一人物説は本当なのか?FLASHにバラされた経歴などの個人情報・プロフィールまとめ

右翼系の政治系インフルエンサーとして有名な「黒瀬深(@Fuka_Kurose)」。

この界隈では有名な人物であり、政治に関する言論活動をしていましたが、FLASHの取材によって経歴が明るみになって来ました。

さらに、嫌儲版の住人(656氏)をYouTubeの著作権侵害で通報した際に、メールアドレスが政治主張が全く違うDr.ナイフ氏が表示され、実は同一人物なのでは?という声も上がっています。

ここでは、黒瀬深はDr.ナイフ説などについてまとめていく。

スポンサードリンク



黒瀬深の経歴や正体が判明

第49回衆議院議員選挙の開票翌日である11月1日に、突然Twitterの引退を表明した黒瀬深。

kurosehuka - 【引退】黒瀬深=Dr.ナイフ同一人物説は本当なのか?FLASHにバラされた経歴などの個人情報・プロフィールまとめ

14.5万人ものフォロワーを抱えており、野党議員やリベラル派に対してツイートしたり意見をしたりで保守界隈からは人気のアカウントでしたが、現在はツイートが非公開になり引退を発表。

現在も正体は謎のままであり、お左翼界隈からは「ネトウヨの皇帝」とも言われていた彼なのですが、一体なぜ引退してしまったのか?

発端としては、第49回衆議院議員選挙にて新潟5区で当選した米山隆一氏が関係している。

米山隆一に情報開示請求される

img home mv 01 1024x1012 - 【引退】黒瀬深=Dr.ナイフ同一人物説は本当なのか?FLASHにバラされた経歴などの個人情報・プロフィールまとめ

現在、黒瀬深は複数の訴訟を抱えており、そのうちの一つが2021年の第49回衆議院議員に当選した米山隆一氏が代理人となって名誉毀損の損害賠償請求訴訟を起こした方の訴訟代理人を務めているのですが、8月23日の第1回口頭弁論にて被告である「黒瀬深」アカウントの運営者の本名を確認に成功したと週刊誌のFLASHが語っている。

この名誉毀損の訴訟の前哨戦でもある発信者情報開示請求にて、原告側の主張が通った形で黒瀬深氏の個人情報が開示されたとのこと。

FLASHに対して個人情報など晒さないように嘆願した模様

個人情報が相手方に渡ったことで、自身の正体をバラされることを危惧して黒瀬氏は自殺をほのめかすようなツイートなどを繰り返していたが、そして選挙が終わったタイミングで再びFLASHが11月12日付で「「黒瀬深」運営者は20代男性!“ネトウヨの皇帝”は「僕のプロフィールは出さないように懇願します」と電話で繰り返した」というタイトルの記事を投稿。

どうやら引退宣言の直前、黒瀬のアカウントを運営する男性本人との接触に成功しており、フラッシュに対して「記事掲載禁止の仮処分」を申し立てたようだ。

あろうことか、記事内で黒瀬深氏の中の人を「吉田隆之介」という仮名を使いつつ、プロフィールを公開しないでほしいということのやり取りを綴っている。

このFLASHの個人情報暴露については、「個人情報保護法違反」なのでは?という声も上がっているが、今まで黒瀬深はデマツイートを流すこともあり、個人情報さらされても仕方ないのでは?という声など様々な反応が見れる。

バラされた黒瀬深の経歴などのプロフィール

FLASHによってバラされた黒瀬深の経歴などのプロフィールがこちら。

住所 大阪市在住
学歴 桃山大学の社会学部を卒業
家族関連 大手消費財メーカーの子会社に勤める父がいる、6学年下の弟あり
年齢 25歳

大手週刊誌が一個人に対してここまで晒していいものなのか?とは思うくらい、結構さらされています。

百歩譲って黒瀬氏本人に関するプロフィールを晒すのはまだわかるが、家族とかバラすのはさすがにいかがなものか?とは思うけど。

黒瀬深の正体はDr.ナイフ説

9MWmY0T8 400x400 - 【引退】黒瀬深=Dr.ナイフ同一人物説は本当なのか?FLASHにバラされた経歴などの個人情報・プロフィールまとめ

こんな感じで正体が明かされた政治系インフルエンサーの黒瀬深なのですが、実は政治主張が真逆の政治系インフルエンサーのDr.ナイフというアカウントと同一人物なのでは?という声も上がっている。

黒瀬深とDr.ナイフが同一人物と噂される経緯

黒瀬深とDr.ナイフが同一人物と噂される経緯としては以下の通り。

1.黒瀬深が嫌儲版の住人(656氏)をYouTubeの著作権侵害で通報

2.黒瀬深が通報に用いていたメールアドレスを656氏がTwitterのメールアドレス検索に入力したところ、何故か「Dr.ナイフ」が表示される

このような感じで、著作権侵害で通報したのはいいものの、通報に使用していたメールアドレスをTwitterのメアド検索に入力したら何故かDr.ナイフが表示されたというのだ。

そして、それが話題となったタイミングで黒瀬氏は引退を表明したことで信憑性が増す感じに。

このように同一人物説についてはかなり黒かと思いましたが、Dr.ナイフはこのことを直ぐさま否定。

否定はしているものの、まだ一定数同一人物説を信じている人はいるようで、クソリプを送りつけているやつを何人か見かける。

この同一人物説はまた何か進展があったら紹介する。